ウィーン・サロン・オーケストラのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,033枚、本日の新着チケット数523

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ウィーン・サロン・オーケストラのコンサートチケット一覧

ウィーン・サロン・オーケストラはオーストリアの室内オーケストラです。1994年、ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のコンサートマスターであったウド・ツヴェルファーを中心に、同楽団所属のメンバーらによって結成されました。1999年にはウィーンの伝統的施設であるクアサロン・ウィーンとコーポレーション契約を締結し、オーケストラとして本格的に活動を展開しています。2019年、「ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2019」が開催されます。会場は1月6日 神戸文化ホール中ホール(兵庫)、1月8日 ザ・シンフォニーホール(大阪)、1月10日 バロー文化ホール大ホール(岐阜)、1月14日 東京オペラシティ・コンサートホール(東京)です。演目は、W.A.モーツァルト:『ピアノ協奏曲 第26番 ニ長調KV537「戴冠式」』、J.シュトラウスⅡ:『オペレッタ「こうもり」より』『美しき青きドナウ』『皇帝円舞曲』などが予定されています。

ウィーン・サロン・オーケストラはオーストリア・ウィーンを活動拠点に置く室内オーケストラです。ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のメンバー達によって結成されました。1994年の結成当初から、同交響楽団のコンサートマスターであるウド・ツヴェルファーが指揮をとっています。レパートリーはウィーン音楽が中心で、同地を代表する作曲家の楽曲を中心に演奏しています。一方で新世代の作曲家達による作品も幅広く取り上げており、ミュージカルや映画・ダンス音楽や民族音楽も手がけています。活動拠点のウィーンにおいては、コンサートの回数は年間300回を超えるほどの人気を博しています。海外でも広く活動しており、2001年、2002年、2004年、2003年には日本ツアーを開催しました。そして2014年からは毎年、日本でニューイヤーコンサートを行っています。2018年にはオーケストラ23名、バレエダンサー2名、オペラ歌手2名の27人編成により、本場ウィーンのオペレッタやワルツ、ポルカを披露しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口