サッカー日本代表のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE / サムライブルー)のチケット一覧

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE / サムライブルー)は、日本サッカー協会(JFA)によって編成された日本サッカーのナショナルチームです。2020年2月現在、FIFAランキング28位、FIFAワールドカップ6度の出場、AFCアジアカップは最多4度の優勝を記録しています。1921年にJFAの前身となる大日本蹴球協會が設立されます。1938年にFIFAワールドカップ予選に参加し、本戦出場をかけオランダ領東インドと対戦予定でしたが、情勢不安により参加辞退となりました。その後、第2次世界大戦が終戦し、1947年に大日本蹴球協會から日本蹴球協会へと名称を変更、資格停止処分を受けていたFIFAに再加盟します。そして1954年のワールドカップ予選に初参加、断続的に予選に参加し続けますが、いずれも予選敗退し本戦出場を逃し続けました。迎えた1998年ワールドカップ予選では、アジア第3代表決定戦で「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる劇的な試合に勝利、悲願のワールドカップ本戦初出場を決めました。初の自国開催となった2002年日韓ワールドカップでは、初勝利、初めてのグループリーグ突破、ベスト16に進出します。その後、中田英寿や中村俊輔らが最盛期を迎え、史上最強と称されるメンバーをジーコ監督が率いた2006年ワールドカップでは、グループリーグで惨敗を喫し、期待を大きく裏切る結果となりました。イビチャ・オシム監督を招聘し再出発となった日本代表でしたが、ワールドカップ予選期間中にオシム監督が病に倒れます。代わって岡田武史監督が1998年以来の再登板となり、2010年ワールドカップへ挑みます。世間の期待も低く逆風が吹く中で、本田圭佑を軸に据えたチームはグループリーグで快進撃を見せ、戦前の予想を覆し、ベスト16進出を成し遂げました。続く2014年大会では、アルベルト・ザッケローニ監督の元、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らが主力となり優勝を目標に挑みますが、2006年大会同様にチームは波に乗り切れずグループリーグ敗退、期待を受けていた反面、大きな批判を浴びることになります。そしてヴァヒド・ハリルホジッチ監督が就任した日本代表は、そのスタイルが賛否両論を受けながらも、2018年ワールドカップ出場を決めます。しかし、本大会直前にハリルホジッチ監督が解任され、西野朗監督が急きょ就任します。混乱の中で迎えた大会では、グループリーグを突破、ベスト16進出を達成しました。そして、2020年東京オリンピック、2022年ワールドカップの二つの大会を見据え、すでにオリンピック代表を率いていた森保一監督が、A代表と兼任監督に就任します。すでに主力だった大迫勇也に加え、中島翔哉、南野拓実、堂安律らの若い選手を重用し、新たな日本代表のスタイルの構築に挑んでいます。2019年アジアカップでは準優勝、ワールドカップ予選ではアジア2次予選では、これまで4戦全勝しています。3月26日(木)には2020年初戦として、アジア2次予選第5戦でミャンマー代表を豊田スタジアムに迎えます。

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE / サムライブルー)の日程

すべての日程

国際親善試合 U-23日本代表 対 U-23南アフリカ代表
国際親善試合 U-23日本代表 対 U-23コートジボワール代表
FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 兼AFCアジアカップ中国2023予選 vs ミャンマー代表
FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 兼AFCアジアカップ中国2023予選 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 タジキスタン代表
FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 兼AFCアジアカップ中国2023予選 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 キルギス代表
キリンチャレンジカップ2020 U-23日本代表 対 対戦国未定
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全186件 1-100件目

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE / サムライブルー)のチケットを都道府県で探す

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE / サムライブルー)が好きな方はこちらもおすすめ








SAMURAI BLUE / サムライブルーなどの愛称で知られるのが、サッカー日本代表です。JFAによって編成されているナショナルチームで、ワールドカップ本大会には6度出場しています。1993年のプロ化、Jリーグ開幕を機に大きな成長を遂げますが、同年のワールドカップ予選では、土壇場で本体出場を逃し、この敗退は「ドーハの悲劇」と呼ばれました。1998年ワールドカップ本大会初出場、以降は連続で本大会出場を決めています。歴代の日本代表選手には三浦知良、中田英寿、釜本邦茂、ラモス瑠偉、井原正巳、中村俊輔、遠藤保仁、中澤佑二、木村和司、川口能活、楢崎正剛、長谷部誠などがいました。2018年ワールドカップでは大迫勇也、香川真司、乾貴士、本田圭佑らの活躍によりベスト16に進出します。その後2020年東京オリンピックと2022年ワールドカップでの躍進を目指し、森保一監督がオリンピック、A代表の兼任監督に就任しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート