サッカー日本代表のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)のチケット一覧

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)は、日本サッカー協会(JFA)によって編成されたナショナルチームです。選手は青と白を基調としたユニフォームを着用するのが通例です。日本サッカー協会の前身にあたる組織は1921年に設立され、1929年から国際サッカー連盟に加盟して国際試合を続けています。FIFAワールドカップには5回の出場経験があり、初出場は1998年大会です。FIFAワールドカップでの最高成績はベスト16で、2002年大会(地元開催)と2010年大会で達成されました。歴史上、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)の監督は日本人が担当する時代が長く続きましたが、1992年に就任したハンス・オフトからは外国人も多く担当しています。2015年にはヴァヒド・ハリルホジッチが監督に就任しました。サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)は、日本サッカー協会(JFA)によって編成されたナショナルチームです。FIFAワールドカップには6回の出場経験があり、初出場は1998年大会です。FIFAワールドカップでの最高成績はベスト16で、2002年大会(地元開催)と2010年大会、2018年大会で達成されました。AFCアジアカップでは、最多となる4度優勝を果たしています。 歴史上、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)の監督は日本人が担当する時代が長く続きましたが、1992年に就任したハンス・オフトからは、フィリップ・トルシエ、ジーコ、イビチャ・オシム、アルベルト・ザッケローニなど、外国人も多く担当しています。2015年にはヴァヒド・ハリルホジッチが監督に就任しましたが、2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会を目前に解任。その後監督に就任した西野朗が、日本を過去最高順位に並ぶベスト16へと導いたのは記憶に新しいでしょう。 次期監督には、U21男子日本代表監督の森保一が兼任することが決定しており、2020年の東京五輪に出場する代表チームも継続して率いることになります。年齢制限のない日本代表と、原則23歳以下の選手で構成される五輪代表とを兼務することは2000年のシドニー五輪、2002年のワールドカップ日韓大会で監督を兼任したフィリップ・トルシエ以来です。 ワールドカップを終え、新たな監督が就任した日本代表は、日本サッカー協会が主催する国際親善試合「KIRIN CHALLENGE CUP」に出場します。試合は、2018年9月7日(金)に札幌ドーム(北海道)でチリ代表と、9月11日(火)にパナソニックスタジアム吹田(大阪府)でコスタリカ代表と、10月12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟県)でパナマ代表と、10月16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉県)で、11月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場で、11月20日(火)に豊田スタジアム(愛知県)でそれぞれ開催されます。なお、10月16日以降の試合は対戦国未定となっています。新生日本代表の勇姿を目に焼き付けましょう。

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)の日程

すべての日程

キリンチャレンジカップ2019 U-22日本代表vs未定
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全13件 1-13件目

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)のチケットを都道府県で探す

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE/サムライブルー)が好きな方はこちらもおすすめ







サムライジャパンやサムライブルーと称されることも多いサッカー日本代表は、現在、ホームでは基本色である青色、アウェイではサブカラーである白色のユニフォームを着用することが通例となっています。日本サッカー協会の前身にあたる組織は1921年に設立され、1929年から国際サッカー連盟に加盟して国際試合を続けています。1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得したものの、日本国内のプロサッカーチームが1990年代前半まで存在しなかったこともあり、ワールドカップへの出場が難しい時代が続きました。1997年に悲願のワールドカップ初出場を果たすと、2002年、2010年、2018年とトーナメント進出を果たしています。 歴代日本代表選手で著名なのは釜本邦茂、三浦知良、川口能活、高原直泰、中村俊輔、中田英寿、中澤佑二などです。2018年のワールドカップロシア大会では、ベテランの本田圭佑、長友佑都、長谷部誠、香川真司などのほか、乾貴士、柴崎岳、大迫勇也などが活躍しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口