佐野元春のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

佐野元春のライブ・コンサートチケット一覧

佐野元春は歌手・ギタリストのほか、作詞家・作曲家・音楽プロデューサー・ラジオDJなど多岐にわたる活動を行うアーティスト「佐野元春(さのもとはる)」は、「佐野元春&THE COYOTE BAND禅BEAT TOUR 2018」と題したツアーを開催しています。2018年10月4日(木)のZeppダイバーシティ東京公演を皮切りに、ZeppNagoya(愛知県)、 仙台PIT(宮城県)、Zepp Namba(大阪府)、イムズホール(福岡県)、BLUELIVE HIROSHIMA(広島県)、横浜ランドマークホール(神奈川県)、Zepp Sapporo(北海道)で公演が行われています。 また、年末恒例となっているライブ「ROCKIN’CHRISTMAS2018」が12月10日(月)にZepp Nagoya(愛知県) 、12月20日(木)にZepp Namba (大阪府)、12月25日(火)に昭和女子大学人見記念講堂(東京都)で行われます。 佐野元春は40年近く日本ロック界を先導し、第一線で活躍し続けているシンガーソングライターです。代表曲には「悲しきRADIO」「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」「ジャスミンガール」「SOMEDAY」などがあります。楽曲提供も行っており、これまでに松田聖子、沢田研二、矢野顕子、金子マリ、山下久美子など多数の有名アーティストに提供しています。 近年では2011年にデビュー30周年アニバーサリーツアーを、2012年12月にはホットスタッフ・プロモーションのイベント「L'ULTIMO BACIO Anno 11」にCOYOTE BANDとしてライブを行い、同バンドで「COUNTDOWN JAPAN」にも出演しました。2012年3月から5月にかけてはビルボードライブ東京と大阪で、The Hobo King Bandによるライブを開催。同年6月から7月にかけては、COYOTE BANDとともにクラブハウスツアー「Early Summer Tour」を開催しました。 2015年から2016年にかけては「佐野元春 35周年アニバーサリー・ツアー 佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA」が行われました。 長いキャリアのある佐野元春ですが、会場には20代・30代のファンも多く見受けられるなど、幅広い世代から支持を受けています。またライブでは大胆なアレンジを加えてその場限りの曲を披露することが多くあることから、そのライブパフォーマンスは高く評価されています。常にクリエイティブに進化し続けている佐野元春をライブ会場で目撃しましょう。

佐野元春の日程

すべての日程

佐野元春 & THE HOBO KING BAND Smoke & Blue 2019 アンコール公演
佐野元春 & THE COYOTE BAND CLUB CIRCUIT TOUR ソウルボーイへの伝言 2019
1日券 オハラ☆ブレイク ’19夏 -8/11
2日券 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO
1日券 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO -8/16
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全222件 1-100件目



30年以上、日本ロック界を先導し、第一線で活躍し続けているシンガーソングライター佐野元春のライブは、とても人気があり、ライブでの歌声こそが彼の真髄であるといわれるほどです。昔からのファンだけでなく、58歳となった今でもインターネットを活用した音楽を試み、若者のファンも取り込んでいて、ライブでも1980年代の曲から現在の曲まで幅広く演奏されます。また、彼のライブでは、それぞれの楽曲がレコードやCDとは違った大胆なアレンジで演奏されることも多く、1曲1曲毎に彼の歌声を楽しめる構成になっています。ここでしか聴けない、今回しか聴けないというパフォーマンスが、彼のライブの最大の魅力です。また、社会派の曲を1曲いれてくることも多いです。近年では、2011年には彼のデビュー30周年記念ライブが、昨年は、彼の代表曲とも言える「SOMEDAY」名盤ライブも行われ、精力的なライブ活動が続いています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口