三遊亭好楽のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

三遊亭好楽のチケット一覧

「三遊亭好楽」は、東京都出身の男性落語家です。1946年8月6日生まれ、本名は家入信夫です。2015年から円楽一門会の会長を務めています。高座に上がるときの出ばやしは「ずぼらん」または「元禄花見踊」です。長男が三遊亭王楽として落語家をしていますが、好楽の弟子ではなく弟弟子にあたります(5代目三遊亭圓楽が共通の師匠)。 三遊亭好楽が落語家の道を歩み始めたのは高校卒業後のことで、8代目林家正蔵(のちに彦六と改名)が最初の師匠でした。林家九蔵の名で1981年に真打に昇進しましたが、しばらくして師匠が亡くなったため5代目三遊亭圓楽の弟子になります。この時点から三遊亭好楽としての活動が始まります。 落語家として寄席などでの芸の披露のほか、日本テレビ系列の演芸番組「笑点」の大喜利メンバーとしても有名です。1979年から大喜利のコーナーに加わり、一時降板した時期もありますが復帰して2017年現在も出演を続けています。

三遊亭好楽の日程

すべての日程

三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 土曜の夜のゆったりした東西会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目

三遊亭好楽のチケットを都道府県で探す

笑点で全国区の人気を誇る、三遊亭好楽。彼の魅力は、気取らず、ちょっと情けないキャラクターにあります。笑点の大喜利では、他のメンバーから「仕事がない」「歌が上手に歌えない」「貧乏(すき焼きに肉が入っていない)」「ケチ」「落語がうろ覚え」「弟子や後輩に追い抜かれる」などといじられることもしばしばです。そしてそれに、「よせよ!」と返すことがお決まりのパターンです。三遊亭好楽が、他のメンバーと繰り広げる期待通りのやり取りが、思わず笑いを誘います。 三遊亭好楽のトレードマークとなったピンクの着物ですが、元々は笑点だけで着ていたものでした。しかし、東日本大震災の被災地に行った際、子供たちに「ピンクの好楽さんが来た!」と言われたことをきっかけに、普段からピンクの着物を着るようになりました。被災地の人たちを少しでも元気づけることができれば、という三遊亭好楽の優しさがうかがえます。 テレビでおなじみの三遊亭好楽ですが、生で観るとさらにその面白さが実感できます。機会があれば、ぜひ、生で観ることをお勧めします。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口