三遊亭わん丈のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

三遊亭わん丈のチケット一覧

三遊亭わん丈は滋賀県出身の落語家です。本名は延川熙龍(のべかわ・てるたつ)といい、1982年12月1日に大津市で生まれました。九州の大学に在学中、20歳の頃から約7年間ミュージシャンとして福岡を中心に音楽活動をしていました。2010年に東京で落語を見たことがキッカケとなり、落語家を目指すようになります。2011年4月に三遊亭円丈の元に入門し、2012年4月前座名「わん丈」として前座となり、2016年5月には二ツ目に昇進を果たしています。2017年3月には「第16回さがみはら若手落語家選手権」で準優勝、「第4回今夜も落語づけ」では優勝し、さらに8月にはNHKラジオ「真夏の話術2017」でも優勝するなどの受賞歴を持ちます。2019年5月3日には三遊亭円楽、桂文珍などのベテラン勢とともに江戸川区総合文化センター大ホールにて「豪華競演 特撰東西落語名人会 」に出演し、また5月15日には芸能ホールにて古今亭駒治、柳亭小痴楽とともに「第十六回新風落語会」に出演します。

三遊亭わん丈の日程

すべての日程

三遊亭圓朝生誕180周年 盛夏吉例 圓朝祭

三遊亭わん丈のチケットを都道府県で探す

落語家・三遊亭わん丈は、大学時代には福岡県でバンド活動をしながら地元のラジオ番組のアシスタントDJをしていました。さらに、自分自身で企画からパーソナリティまで務めるラジオ番組を持ち、他にもイベントの司会など幅広く活動をしていた経歴の持ち主です。大学を卒業後、2010年に訪れた東京での寄席で落語に魅了され、落語家を目指す決心をして上京しました。三遊亭円丈に入門し、滋賀県出身者として初の江戸落語家となりました。入門した翌年に前座となり、4年後の2016年には二ツ目に昇進、さらに数々の受賞経験を持つ実力者となっていきます。舞台では三遊亭円楽、桂文珍、春風亭昇太などのベテランの落語家らと共に数多くの寄席などに出演しており、またラジオ番組にもレギュラー出演をするなど落語以外にも活動しています。バンドではボーカルをしていた経験もあることから、ラップもこなす落語家として三遊亭わん丈は今後もリズミカルな落語を披露していくことでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口