早乙女太一のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

早乙女太一(サオトメタイチ)のチケット一覧

早乙女太一(さおとめたいち)は、大衆演劇の劇団、「劇団朱雀」の2代目として活躍する俳優です(現在は朱雀は解散しています)。出身は福岡県北九州市。「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、幼い頃から劇団員として育ちました。初舞台は4歳のとき。小学生の頃からビートたけしに役者としての資質を買われ、彼が「北野武」名義で監督する映画作品に起用されました。銀幕デビューは2003年公開の「座頭市」。芸者姉妹の妹(弟)おせいの子ども時代を演じました。2008年には新歌舞伎座史上最年少の座長を初めて務めました。また、同年「早乙女太一〜千年の祈り〜」、「大和三銃士」、「怪談にぜ皿屋敷」など数多くの舞台で活躍。映画では、「少年H」、「クローズEXPLODE」などに出演しています。またテレビでは、NHK大河ドラマ「風林火山」、テレビ朝日系「天使と悪魔『未解決事件匿名交渉課』」などへの出演歴もあります。2006年に公認ファンクラブが発足。女形として舞台に立つほか、俳優、タレントとしても幅広く活躍しています。2019年〜2020年にかけても、「劇団朱雀」の公演をはじめ、劇団☆新感線39興行「夏秋公演 いのうえ歌舞伎《亞》alternative けむりの軍団」が東京、福岡、大阪で上演されます。

早乙女太一(サオトメタイチ)の日程

すべての日程

劇団朱雀 復活公演
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全33件 1-33件目

早乙女太一(サオトメタイチ)のチケットを都道府県で探す

早乙女太一(さおとめたいち)は、福岡県北九州市出身の俳優、タレントです。両親は「葵劇団」の劇団員であり、幼少期から彼自身も劇団員として過ごしました。初舞台を踏んだのは4歳のときで、小学生の頃からビートたけしに見い出され、2003年公開の映画『座頭市』で、芸者姉妹の妹(じつは弟)おせいの子ども時代を演じ、注目を集めました。その後2005年には『TAKESHIS'』で本人の芸名でもある、早乙女太一役を演じました。マスコミでは流し目王子、「100年に一人の女形」と呼ばれ、その美しく凛として妖艶な佇まいが魅力となっています。2010年3月まで芸能事務所・斎藤エンターテインメントに所属していましたが、同年4月から両親が運営する「劇団朱雀」へ移籍し、二代目として活躍しましたが、2015年に「劇団員がみな新しい挑戦ができるように」と朱雀を解散。2018年からはEXILEのHIROが立ち上げた「LDH」に所属しています。舞台はもとより、映画、テレビなどにも精力的に出演しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口