札幌シティジャズ 2018のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数159,900枚、本日の新着チケット数555

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

札幌シティジャズ 2018のチケット一覧

札幌シティジャズ2018は、2018年12月18日〜22日まで札幌文化芸術劇場の札幌市民交流プラザにて開催されます。札幌シティジャズは、都市型ジャズフェスティバルとして2007年度から始まり、毎年夏に大通公園2丁目のテントライブとして行われてきました。今回は、2018年秋にオープンの札幌市民交流プラザに拠点を移すため、札幌シティジャズの開催を7月の夏期間と12月の冬期間に分けて開催することになったのです。冬期間では、札幌文化芸術劇場hitaruを会場にして、屋内でのライブが繰り広げられます。そのほか、各スタジオではワークショップやシンポジウムなど、ライブとは違った形での音楽との関わり方を実践していきます。主なプログラムには、THEEATER JAZZ LIVE、ビッグバンドネクスト、ジャズライブラリーなどがあります。主催は、サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会をはじめ、札幌市や北海道新聞、STV札幌テレビ放送などの協力により行われています。

札幌シティジャズ 2018の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/12/22()
  • 19:30
札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)

北海道

SAPPORO CITY JAZZ THEATER JAZZ LIVE
フロアシート7列8番
1枚のみ6,000円/枚
  • 2018/12/22()
  • 19:30
札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)

北海道

SAPPORO CITY JAZZ THEATER JAZZ LIVE
フロアシート7列5番
1枚のみ6,000円/枚

都市型フェスティバルとして札幌市民に親しまれている札幌シティジャズは、2017年度よりキャッチコピーを「人と音楽が街で交差する」としました。この取り組みは、札幌らしい音楽文化の発展と多くの市民が音楽に関わっていくことができる場として、ロゴデザインも一新したイベントとなりました。来場者も、16万8千人を超える大盛況となり、夏の風物詩として開催されていた札幌シティジャズが、翌年の2018年からは7月と12月の年2回行われるようになったのです。夏期間は、札幌駅前通りで開幕を告げるジャズパレードから始まり、街中で演奏が繰り広げられるパークジャズライブなどが行われます。冬期間は、札幌文化芸術劇場でのライブのほか、ワークショップやシンポジウムが各種スタジオにて開催されます。札幌シティジャズは、全国から300組以上のミュージシャンが札幌に集結するイベントです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口