沢田研二のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

沢田研二のライブ・コンサートチケット一覧

沢田研二(ジュリー)は1948年生まれの歌手、俳優、作詞作曲家です。ジュリーというニックネームの由来は、自身が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったことに由来します。中性的な色気と端正な美貌、甘い歌声、高いファッション性が数多くのファンを魅了し、60年代から80年代にスーパースターとして日本の歌謡界を席巻しました。ファンクラブ名は「澤會」で、様々な年代のファンが支持しています。1967年に爆発的人気を誇る「ザ・タイガース」のリードボーカルとしてデビューした沢田研二(ジュリー)は「君だけに愛を」で国民的アイドルとして熱狂的な支持を得ました。1969年にはアメリカで最も歴史と権威のある音楽雑誌「ローリングストーン (Rolling Stone)」の第28号で表紙を飾ります。1971年にザ・タイガースを解散した沢田研二(ジュリー)は、1973年にソロで「危険なふたり」を発売し、オリコン1位を獲得、第4回日本歌謡大賞を受賞しました。1975年に発売された「時のすぎゆくままに」は最大のヒット曲で、後にさまざまなアーティストがカバーをしています。その他にも、阿久悠作詞・大野克夫作曲の「勝手にしやがれ」「サムライ」などが大ヒットを記録しました。化粧やアクセサリーを用いたバンドサウンドを広めた沢田研二(ジュリー)は歌謡曲とロックを融合させました。歌手活動以外にも、俳優としても活躍しており、現在では音楽劇にも出演しています。60歳を超えた現在でも精力的にライブを行っており、音楽業界とファッション業界どちらにも強い影響を与えた沢田研二(ジュリー)は独自のスタイルで時代を切り開いていく大人気のアーティストです。2019年3月にはシングル「SHOUT!」をリリース。さらに5月9日(木)の東京国際フォーラムを皮切りに、約半年に及ぶ全国ツアー「沢田研二 LIVE 2019 SHOUT!」をスタートさせます。

沢田研二の日程

すべての日程

沢田研二LIVE2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全37件 1-37件目






「勝手にしやがれ」「時の過ぎゆくままに」「TOKIO」など、昭和を代表するヒット曲を多数生み出してきた沢田研二。1948年6月25日鳥取市で生まれ、京都市で育ちました。17歳の時にアルバイトをしていたダンス喫茶で声をかけられたことがきっかけで、ザ・タイガースのボーカリストとして1967年2月にシングル「僕のマリー」でデビュー。その後のシングルもヒットし、瞬く間にグループ・サウンズの頂点に立つバンドとなりました。1971年1月にザ・タイガースは解散。新たなバンドPYGでの活動と並行し、11月にシングル「君をのせて」でソロデビューを果たしました。1975年からは海外にも進出。フランスやイギリスなどヨーロッパ諸国でシングルをリリースし、ハワイやグアム、香港などではコンサートも開催しています。国内でも年間300本のテレビ出演をこなすなど国民的スターらしい多忙な日々を送ります。また俳優としても目覚ましい活躍を見せ、報知映画賞で主演男優賞を受賞しているほか、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマにも出演。1989年からは10年にわたって音楽劇ACTシリーズを開催しています。 2008年には還暦を記念し、東京ドーム、京セラドームでコンサートを開催。約6時間半でフルコーラス80曲を歌うという驚異的な公演となりました。2017年には芸能生活50周年を記念した全国ツアーを開催。さらに70歳を迎えた2018〜19年にかけて、アリーナクラスの公演を含む69公演の全国ツアーを敢行。アルバムもしくはシングルなどの音楽作品も毎年リリースしており、今なお音楽への情熱を絶やすことなく精力的な活動を続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口