沢田研二のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数157,964枚、本日の新着チケット数1,634

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

沢田研二LIVE2019

沢田研二LIVE2019のチケットの一覧です。その他にも27都道府県44公演のアーティストのチケットを取り扱っています。

沢田研二の日程

すべての日程

沢田研二LIVE2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全40件 1-40件目






「勝手にしやがれ」「時の過ぎゆくままに」「TOKIO」など、昭和を代表するヒット曲を多数生み出してきた沢田研二。1948年6月25日鳥取市で生まれ、京都市で育ちました。17歳の時にアルバイトをしていたダンス喫茶で声をかけられたことがきっかけで、ザ・タイガースのボーカリストとして1967年2月にシングル「僕のマリー」でデビュー。その後のシングルもヒットし、瞬く間にグループ・サウンズの頂点に立つバンドとなりました。1971年1月にザ・タイガースは解散。新たなバンドPYGでの活動と並行し、11月にシングル「君をのせて」でソロデビューを果たしました。1975年からは海外にも進出。フランスやイギリスなどヨーロッパ諸国でシングルをリリースし、ハワイやグアム、香港などではコンサートも開催しています。国内でも年間300本のテレビ出演をこなすなど国民的スターらしい多忙な日々を送ります。また俳優としても目覚ましい活躍を見せ、報知映画賞で主演男優賞を受賞しているほか、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマにも出演。1989年からは10年にわたって音楽劇ACTシリーズを開催しています。 2008年には還暦を記念し、東京ドーム、京セラドームでコンサートを開催。約6時間半でフルコーラス80曲を歌うという驚異的な公演となりました。2017年には芸能生活50周年を記念した全国ツアーを開催。さらに70歳を迎えた2018〜19年にかけて、アリーナクラスの公演を含む69公演の全国ツアーを敢行。アルバムもしくはシングルなどの音楽作品も毎年リリースしており、今なお音楽への情熱を絶やすことなく精力的な活動を続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口