19/4/2(火) 18:00 メットライフドーム(西武プリンスドーム)の開催 埼玉西武ライオンズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,588枚、本日の新着チケット数5,796

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

埼玉西武ライオンズ VS千葉ロッテマリーンズ 2019
19/04/02(火) vs ロ メットライフドーム(西武プリンスドーム)

会場情報

埼玉西武ライオンズはパシフィック・リーグ(通称パ・リーグ)に所属するプロ野球球団。西鉄ライオンズを中心とした福岡拠点時代を経て、1978年に国土計画(西武鉄道グループ)に買収されて本拠地を埼玉所沢市へ移転しました。本拠地は西武ドーム(メットライフドーム)移転初年は成績は振るわなかったものの、TBS系のミニ番組「がんばれライオンズ」などプロモーションが功を奏し、観客動員数が大幅に増加。球団経営としてはいい滑り出しとなりました。1982年には広岡達朗監督が就任。日本シリーズに進出し、中日ドラゴンズと対戦して、西武としては初(チームとしては24年ぶり)の日本一に輝きました。1980年代半ばから90年代半ばには、秋山幸二、清原和博、石毛宏などの人気選手やオレステス・デストラーデなどの外国人選手、渡辺久信や工藤公康、郭泰源などの投手が活躍し、「黄金時代」を築きました。1995年からは東尾修監督が指揮を執り、松井稼頭央や髙木大成などの若手も活躍してリーグ優勝を経験。1999年にはドーム球場が完成。ルーキーの松坂大輔が1年目にして16勝を上げる快挙を達成し、新人王を獲得しました。2008年から正式名称が「埼玉西武ライオンズ」に変更され、より深い地域密着を図りました。 球団のシンボル・マスコットは手塚治虫の漫画作品「ジャングル大帝」のキャラクター「レオ」で、手塚治虫と西武沿線にゆかりがあることからとられています。また、同じくマスコットの「ライナ」も手塚治虫が手がけています。さらに、西武沿線にアニメ制作会社が多いことから、アニメとのコラボが多いことでも知られてきました。西鉄時代から多くの時期を球団出身の人物が監督を務めているのが特徴で、監督・選手・ファンが一体となって強いコミュニティを作り出しています。日本プロ野球界を支える、歴史と実力を兼ね備えた球団です。 2017年3月1日から西武ドームが「メットライフドーム」(命名権5年契約)に。このシーズンは4年ぶりにリーグAクラス入りすることができました。2018シーズンは、10年ぶりのリーグ優勝をかなえましたが、クライマックスシリーズで敗退。日本シリーズ優勝は叶いませんでした。また、2018年で松井稼頭央、藤原良平、坂田遼、福倉健太郎が現役引退。2019シーズンは2017、2018年に引き続き、辻発彦監督の元、再びリーグ優勝、そして日本一を目指します。

埼玉西武ライオンズの日程

すべての日程

埼玉西武ライオンズVS広島東洋カープ 2019
埼玉西武ライオンズ VS千葉ロッテマリーンズ 2019
埼玉西武ライオンズVS読売ジャイアンツ 2019
埼玉西武ライオンズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
埼玉西武ライオンズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2019
埼玉西武ライオンズVSオリックス・バファローズ 2019
埼玉西武ライオンズ VS福岡ソフトバンクホークス 2019
埼玉西武ライオンズVS北海道日本ハムファイターズ 2019
埼玉西武ライオンズ VS東京ヤクルトスワローズ 2019
福岡ソフトバンクホークスVS埼玉西武ライオンズ 2019
東北楽天ゴールデンイーグルスVS埼玉西武ライオンズ 2019
オリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2019
中日ドラゴンズVS埼玉西武ライオンズ 2019
阪神タイガースVS埼玉西武ライオンズ 2019
北海道日本ハムファイターズ VS埼玉西武ライオンズ 2019
千葉ロッテマリーンズVS埼玉西武ライオンズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS埼玉西武ライオンズ 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全5件 1-5件目






埼玉西武ライオンズは、埼玉県の所沢市に拠点を置くパシフィック・リーグ所属のプロ野球球団です。1950年に福岡県で「西鉄クリッパース」として創設され、その後「西鉄ライオンズ」として長年活動。1979年に埼玉県に本拠地を移して現在の名前になっています。拠点と球団名を変更してからは新たな球団として独自の歴史を積み重ねており、1995年以降は球団出身の人物が監督を務めるなど、固い結束をつなげています。球団としても順調な成績を記録し続けており、特に1980年代から2000年代前半にかけては、リーグ優勝を何度も記録するなど、最盛期を見せました。チームのシンボルは手塚治虫の代表作「ジャングル大帝」の主人公としても有名な「レオ」で、手塚治虫が書き下ろしたオリジナルキャラクター「ライナ」と並んで球団のマスコットになっています。2018年には球団移転から40周年を迎え、パリーグの中でも手堅い人気を誇る球団として、注目され続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口