チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

セ・パ交流戦 2020のチケット一覧

セ・パ交流戦は、日本のプロ野球で毎シーズン5~6月に開催されるセ・リーグとパ・リーグの交流試合です。2005年のシーズンから実施されていて、2020年も5月26日(火)~6月14日(日)の日程で予定されています。試合数はシーズンにより変更されていて、2020年は各チーム、ホーム9試合・ロード9試合で、計18試合を戦います。2019年の交流戦は11勝5敗2分のソフトバンクが、8度目の制覇を達成します。リーグ間でもパ・リーグが58勝46敗4分で10年連続で勝ち越しました。日本シリーズも同様に過去10年で9度パ・リーグのチームが優勝しており、パ・リーグの充実とセ・リーグの低迷を象徴する結果となっています。2020年こそ、セの逆襲がなるかに注目が集まっています。また2020年シーズンは、東京オリンピック開催に伴い、7月21日から8月13日まではプロ野球の公式戦が中断されます。そのため中断期間前に行われる交流戦が、例年以上に優勝争いを左右することが予想されます。注目チームは過去5年間で4度交流戦で優勝しているソフトバンクホークスです。反対に昨年10~12位で、セ・リーグ負け越しの要因を作ってしまった3チーム、阪神タイガース、ヤクルトスワローズ、広島カープは、奮起を期待されるという意味で注目されます。元々の巨大戦力に加え、昨年は怪我でシーズン大半を棒に振り復活を目指す2018年首位打者の柳田悠岐や、ヤクルトスワローズからシーズン本塁打日本記録保持者のウラジミール・バレンティンも加入し、戦力の底上げも整っています。バレンティンは古巣スワローズとの対決も見ものです。また広島カープだけでなく、日本代表・侍ジャパンでも4番を担った鈴木誠也が、パ・リーグ投手陣とどんな対戦を見せてくれるかも注目です。中日ドラゴンズを退団し、14年ぶりに西武ライオンズに復帰した松坂大輔からも目が離せません。怪我の状態次第ですが、ドラゴンズ戦での登板も期待されます。

セ・パ交流戦 2020の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/3/24()
  • オープン戦
東京ドーム

東京都

読売ジャイアンツVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2018
★ライト外野指定席 2枚連番 ★ ライト側 58通路 25ゲート F18ブロック 8列 通路側から3席目連番 (ビッグフラッグエリアです) こちらのチケットはクレジット決済ずみです。 ご落札後にコンビニ発券に必要な発券番号をご連絡いたしますので、落札者様ご自身で発券していただきます。 ★発券について 『 ファミリーマート 』店頭にてお受け取りいただけます。 ご落札後に【払込票番号】及び【Famiポート】操作方法をご連絡いたします。 発券手数料をお支払い後、チケット又はチケット引換券が発券されますのでお受取りください。 ※発券時に 発券手数料:216円 が掛かります。 よろしくお願い致します。
2枚連番(バラ売不可)2,000円/枚

セ・パ交流戦は、2005年のシーズンからプロ野球で導入されたセ・リーグとパ・リーグの交流試合です。それまで実施が検討されながらも見送られてきた交流戦は、2004年の大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併時に起こったプロ野球再編問題をきっかけに、2005年シーズンからの導入が決定しました。開始当初は各球団が全チームと6試合ずつ、36試合が実施されていましたが、2007~2014年は24試合、2015年以降は18試合に変更されています。統一ルールとして、予告先発制度やパ・リーグ主催試合での指名打者制度などが採用されています。賞金は順位によって決定し、2019年以降は優勝チームが3000万円を総取りする方式となり、選手に贈られるMVPは、順位に関わらず全チームから一人が選出されることになります。大会公式キャラクターとして「セカパカくん」が2012年から登場し、2015年にはメスのキャラクター「セパ子ちゃん」も加わりました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート