七月大歌舞伎のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数184,187枚、本日の新着チケット数1,742

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

七月大歌舞伎のチケット一覧

七月大歌舞伎は、2014年7月5日から7月29日まで開催されていた歌舞伎座です。昼の部に二作、夜の美には三作が行われ、それぞれ違う演目、違う人々で歌舞伎をやっておりました。昼の部の正札付根元草摺引には市川右近、笑三郎、そして夏祭浪花鑑には海老蔵や中車、尾上右近、門之助などが出演しました。また夜の部の悪太郎には亀鶴他昼の部でも演じていた市川右近、修禅寺物語には寿猿や春猿などの他夏祭浪花鑑に出演した中車、更に天守物語には海老蔵、中車、市川右近、などそうそうたるメンバーで行われました。昼の部夜の部療法に出演していた人も多くいました。昼の部も夜の部共に多くの人が訪れ、この歌舞伎座の公演は大成功を収めていたのです。

七月大歌舞伎の日程

すべての日程

七月大歌舞伎 (大阪松竹座)
七月大歌舞伎 (歌舞伎座)
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全95件 1-95件目

七月大歌舞伎のチケットを都道府県で探す


七月大歌舞伎について

日本の伝統的な芸能のひとつである歌舞伎は現代でも根強い人気を誇っており、その中の舞台名のひとつが七月大歌舞伎です。これは単純に7月に開催されるツアー公演と言う意味であり、大歌舞伎とは第一線級の俳優をそろえた一座の大規模な公演のことを指しています。そのため規模としては非常に大がかりなものとなっており、出演している歌舞伎役者も大物が揃っているところが魅力となっています。そのため開催される年によって公演を行う一座や主役が異なっており、大歌舞伎を行うということはそれだけ注目を集めている役者や一座であるという証明になっています。そのため開催される演目も有名なものが多くなっており、初心者向けと言うよりは歌舞伎に慣れ親しんだ人たちが吟味することができる内容のものが多くなっています。なので純粋に歌舞伎を楽しみたい人向けの公演となっており、公演会場も規模が大きいのでその規模を生かした演目が公開されることが多いようです。時間帯も昼の部と夜の部に分かれているので参加しやすい時間帯の演目を見ることができるように配慮されていますし、公演されている期間も長いという特徴があり、ツアーなので歌舞伎座がある場所であれば全国で公演されているので参加しやすい会場を選びやすいというところも魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口