チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

劇団四季「The Bridge ~歌の架け橋~」のチケット一覧

劇団四季「The Bridge ~歌の架け橋~」は、劇団四季によるミュージカル作品。JR東日本四季劇場の開場記念作品と銘打ち、2020年の上演ラインナップとして発表されました。劇団四季16年ぶりの新作となった本作品は、構成・台本を高橋知伽江、演出を荒木美保が担当しています。語りやセリフ劇を挿入するなど、「言葉」に重点をおいた構成に仕上げつつ、ミュージカルレパートリーの歌唱をメインに繰り広げられる舞台です。また今回、照明デザインの沢田祐二や舞台装置デザインの土屋茂昭がスタッフに迎えられています。演劇界で今なお活躍中の劇団四季OB・OGをスタッフに迎え、現役スタッフと共に舞台を作り上げるという試みが実現された作品です。 タイトルである「The Bridge ~歌の架け橋~」には、劇団四季の存在や作品が、あらゆるものにとっての「来し方」と「行く末」を繋ぐ架け橋となれ。という思いが込められているそうです。

劇団四季「The Bridge ~歌の架け橋~」の日程

すべての日程

劇団四季「The Bridge ~歌の架け橋~」

劇団四季「The Bridge ~歌の架け橋~」のチケットを都道府県で探す

劇団四季は1953年に創設。年間3000回以上の公演を行う演劇集団です。日本全国に劇団四季専用の劇場が存在するなど、多くのファンに認められた格式とステータスを合わせ持つ劇団とも言えます。劇団四季は「人生の感動」と「生きる喜び」を、舞台を通じて届けたいという信念を掲げています。演劇人として劇場で生き、多くの観客に演劇の感動を届ける事。それが創立から続く、劇団四季の普遍のコンセプトなのです。また、一巻して作品史上主義を貫く姿勢が随所に見受けられます。キャストの決定はベテランも新人も無く、公平にオーディションにて決定されます。毎週月曜日に1週間分のキャストが発表されることから、舞台のチケット購入時にはキャストが発表されていない事も劇団四季ならではのこだわりです。キャストでは無く作品を見に来てほしいという思いから決定したシステムのようです。「The Bridge ~歌の架け橋~」は、劇団四季新劇場であるJR東日本四季劇場のオープニング作品です。新劇場のテーマである「伝統と革新」を象徴する作品として、今後も観客を楽しませ続けることでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート