19/8/10(土) 13:00 四季劇場[夏]の公演 劇団四季 ライオンキングのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

劇団四季 ライオンキング 劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演7・8月
19/08/10(土) 13:00 四季劇場[夏]

会場情報

劇団四季 ライオンキングは、ディズニーのアニメ作品「ライオンキング」をブロードウェイでミュージカル化したものを元にしてつくられたミュージカル作品です。 1998年から劇団四季で上演が始まった日本公演、劇団四季ライオンキングは日本演劇史上最速で上演回数10000回を突破し、現在も東京公演の無期限ロングランという記録を更新し続けている劇団四季を代表する大人気作品となっています。1998年にはグラミー賞 最優秀キャストアルバム賞と最優秀ミュージカル賞、NY演劇批評家賞 最優秀ミュージカル賞を受賞しました。 劇団四季 ライオンキングは、「サークル・オブ・ライフ=生命の連環」という普遍的なテーマを魅力的な音楽と神秘的な影絵、圧倒的な舞台演出で描きます。そして、開幕して最初に流れる「サークル・オブ・ライフ」の冒頭をはじめ、随所に「ズールー語」というアフリカ現地で使われている言語を使用することで、アフリカの熱気や魂を観客に届けています。主人公シンバの葛藤や父から子へ受け継がれていく意志や仲間との友情を、大迫力のリアルな動物たちのパペットで描き、上演都市によって演出を変えています。シンバの友人であるイボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンは、上演する都市のご当地文化に合わせて方言を取り入れ、その軽妙な掛け合いが笑いを呼び、ご当地演出と呼ばれて人気を博しています。 大人から子どもまで愛されている劇団四季 ライオンキングは、アニメ作品の再現にとどまらず、アフリカ文化やインドネシアの影絵、さらに日本の文楽や歌舞伎も取り入れた独創的で壮大な世界観を作り出しています。主役となる動物たちの表現は細部まで緻密に考えられており、厳しいオーディションを勝ち抜き、日々進化し続けるキャストの活躍と素晴らしい音楽が魅力となっています。 日本公演は劇団四季専用劇場で、連続20年のロングラン記録を更新し続けています。2018年は東京公演と札幌公演が開催されています。また、ドイツ、オランダ、韓国など世界各地での公演も開催されました。

劇団四季 ライオンキングの日程

すべての日程

劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演7・8月
劇団四季「ライオンキング」2019 福岡公演7・8月
劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演9・10月
劇団四季「ライオンキング」2019 福岡公演9・10月
劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演11・12月
劇団四季「ライオンキング」2019 福岡公演11月
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演7・8月

    • 四季劇場[夏](東京都)
    • C席 2階 11列 20番~22番 中央の席なので左右バランス良く観覧できますよ。 夏休みなので家族で行く予定でしたが雑務が入り行けなくなってしまいました。 よろしくお願いします。

      • 女性名義
      • 主催者
      • 5,000円/枚
    • 3枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • 即決劇団四季「ライオンキング」2019 東京公演7・8月

    • 四季劇場[夏](東京都)
    • S1席1階実質4列目から5列目のセンターブロックです!! S1席1階6列から7列の17番から27番のいずれか2枚連番。座席が特定できないように広範囲でお伝えしております。 1列と2列は元々無いので、6列から7列が実質、前から4列目から5列目となります。 前過ぎず、後ろ過ぎず、ちょうど良い位置のセンターブロックです。最高の席でお楽しみいただけますよ!

      • 主催者
      • 14,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 6
全3件 1-3件目

劇団四季 ライオンキングのチケットを都道府県で探す







「ミュージカル」を観てみたい!という初めての方にもオススメの劇団四季「ライオンキング」。 あの有名なディズニーの映画ライオンキングを基にしたミュージカルで、何といってもその大迫力に最初から惹きつけられます。 もちろん、ライオンキングのお話をよく知らない方も大丈夫。登場するキャラクターの全てにそれぞれの生き方や感情があり、とても躍動感がありますのですぐ話に入り込むことができます。 動物たちの「弱肉強食」の世界や、「命は巡る」ということを、ステージ上の出演者と迫力のある生バンドが壮大なスケールで描いています。 また、場面転換でのステージの装飾にも注目してもらいたいです。細かいところに映画では出せないミュージカルの魅力が詰まっていて、超ロングラン公演が現在まで続いていることもうなずけるミュージカル作品です。 劇団四季「ライオンキング」は最後の最後まで目が離せない!一度見た方も、きっともう一度観たくなるはずです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口