劇団四季 ユタと不思議な仲間たちのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

劇団四季 ユタと不思議な仲間たちのチケット一覧

劇団四季のミュージカル「ユタと不思議な仲間たち」が2019年4月19日(金)〜5月6日(月・祝)まで、JR東日本アートセンター自由劇場で上演されます。今回の公演は2018年7月13日に85歳で亡くなった、劇団の創立者で演出家・浅利慶太の追悼公演の第一弾として行われます。ユタとふしぎな仲間たちは、東京から東北の村に転校してきたものの田舎暮らしと村の子供たちに馴染めず、いじめられていた勇太(ユタ)とそこで出会った5人の座敷わらしとの心の触れ合いやユタの成長を描いた物語です。原作は作家・三浦哲郎の小説で、座敷わらしといじめを題材にしている作品となっており、1977年に劇団四季が初めてミュージカル化しました。初演から長い年月が経った今でも劇団四季のミュージカル作品の中の人気がある作品の一つで、子どもから大人まで多くのファンに勇気と感動を与え、長く愛されています。今回の上演は2013年の新名古屋ミュージカル劇場以来で、ファンにとっては待望の再上演となります。

劇団四季 ユタと不思議な仲間たちの日程

すべての日程

劇団四季 ユタと不思議な仲間たち

劇団四季 ユタと不思議な仲間たちのチケットを都道府県で探す

「ユタと不思議な仲間たち」は劇団四季によるミュージカルです。1977年に同劇団の創設者で演出家の浅利慶太の企画演出で初めてミュージカル化されました。原作は三浦哲郎の同名の小説で、座敷わらしといじめが題材にされている作品です。東京から東北ののどかな村に転校してきた勇太(ユタ)は田舎暮らしに馴染めず、村の子供たちからモヤシっ子のユタと呼ばれいじめられていました。そんなある日、ユタは村の古くからの言い伝えである座敷わらしたちと出会います。座敷わらしと友達になったユタは、彼らと触れ合っていく中で強くたくましく成長していきます。いじめられて死んでしまいたいと思っていたユタに生きることの素晴らしさを教えた座敷わらしたち。彼らは大飢饉のときに間引かれた赤ん坊や生きたくても生きられなかった子どもたちの魂でした。この物語には生きていることの素晴らしさが描かれていて、初演から現在まで多くの人に愛される作品になっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口