チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

島津亜矢(シマヅアヤ)のコンサートチケット一覧

島津亜矢(シマヅアヤ)は熊本県出身の演歌歌手です。14歳で故郷を離れ作詞家星野哲郎氏に弟子入りし1986年に恩師・星野哲郎作詞の「袴をはいた渡り鳥」でデビュー、5年後の1991年「愛染かつらをもう一度」が30万枚を超えるヒット曲となりました。2001年には「感謝状・母へのメッセージ」で大晦日の紅白歌合戦に初出場をはたしました。最近では2014年2月19日にアルバム「名作歌謡劇場コンプリートベスト」が発売されています。

島津亜矢(シマヅアヤ)の日程

すべての日程

島津亜矢コンサート2020

島津亜矢(シマヅアヤ)のチケットを都道府県で探す

島津亜矢(シマヅアヤ)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2020/7/24()
  • 12:30
浅草公会堂

東京都

島津亜矢コンサート2020
S席2階と列14~36番のうちいずれか1枚。出入りしやすい通路側です! ※公演中止の際の返金、返品対応は致しかねます。
1枚のみ6,800円/枚
  • 2020/7/24()
  • 12:30
浅草公会堂

東京都

島津亜矢コンサート2020
S席2階ね列4~14番2枚
2枚連番(バラ売不可)7,000円/枚
  • 2020/4/11()
  • 16:00
新歌舞伎座

大阪府

1階席 1列 11~36番
2枚連番(バラ売不可)12,000円/枚
  • 2020/2/1()
  • 17:00
神戸国際会館 こくさいホール

兵庫県

島津亜矢コンサート2020
1階10列6.7番の連番
2枚連番(バラ売不可)10,000円/枚
  • 2019/12/9()
  • 16:00
中野サンプラザホール

東京都

島津亜矢コンサート2019
1階4列13番と14番
2枚連番(バラ売可)6,300円/枚
  • 2019/12/9()
  • 12:00
中野サンプラザホール

東京都

島津亜矢コンサート2019
S席1階18列13番 になります。
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/10/13()
  • 16:00
新歌舞伎座

大阪府

島津亜矢コンサート2019
一階12列17番 (正面2扉) 一階12列18番 一階12列19番 一階12列20番
4枚連番(バラ売可)9,000円/枚
  • 2019/10/13()
  • 16:00
新歌舞伎座

大阪府

島津亜矢コンサート2019
1階14列20番台後半です。 通路側なので見やすいです。
1枚のみ9,000円/枚
  • 2019/9/7()
  • 15:30
ティアラこうとう(江東公会堂)

東京都

島津亜矢コンサート2019
S席 W列 20から40番台 連番
2枚連番(バラ売不可)8,000円/枚
  • 2019/6/14()
  • 14:00
宗像ユリックス

福岡県

島津亜矢コンサート2019
自由席になります 特別割引券で5000円が2000円になります。 この券一枚で6名様まで一人2000円で入場できます。
1枚のみ2,000円/枚
  • 2019/6/8()
  • 14:00
川口総合文化センターリリア

埼玉県

島津亜矢コンサート2019
A席 3階 9列 1桁台の連番です。 追跡可能な『レターパックプラス』で発送しますので宜しくお願いします。
2枚連番(バラ売可)3,500円/枚
  • 2019/3/24()
  • 13:30
千葉県文化会館

千葉県

島津亜矢コンサート2019
S席 32列 20から40番台 連番
2枚連番(バラ売不可)8,000円/枚
  • 2019/2/28()
  • 14:00
神奈川県民ホール

神奈川県

島津亜矢コンサート2019
S席  2階 10列 21番、22番
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2018/11/22()
  • 18:00
広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)

広島県

島津亜矢 全国横断コンサート 2018-2019 悠遊
S席 1階 9例 55番 S席 1階 9例 56番
2枚連番(バラ売不可)6,500円/枚

島津亜矢(シマヅアヤ)のライヴ

男性が多い傾向にある演歌の世界において、数少ない女性成功者である島津亜矢(シマヅアヤ)は、演歌界では若年層とされながらも、すでにトップの仲間入りをしております。演歌特有の哀しみに、満ちた歌声ではなく、哀しみを裏に隠しながら、力強い歌声が特徴です。彼女のライヴには、彼女の若々しい歌声を生で体感すべく、多くのファンが集まります。演歌をあまりに聞いたことがない方でも、彼女の歌声や曲は親近感があるため、抵抗感がなく、またこれから演歌を聴いてみたいという方も楽しむことが出来るライヴです。演歌は敷居が高いと言うイメージが一般的にありますが、演歌もポップスも、ライヴの仕様に変化はありません。今や、演歌は日本の唄として、世界に通用します。彼女のライヴにも日本以外の方や、演歌離れと言われている若い世代のファンが増加傾向にあります。素晴らしい歌声は、世代や国柄を越えて愛されており、彼女は今後、益々飛躍すると言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート