チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

東映ムビ×ステ 第2弾 死神遣いの事件帖のチケット一覧

東映ムビ×ステは、映画と演劇のメディアミックス作品です。2019年に第1弾「GOZEN」、2020年に第2弾「死神遣いの事件帖」が公開されました。ひとつの世界観を映画と演劇の双方向から描く連動作品で、ムービーとステージが見事に融合するコンテンツです。第2弾では映画版の「死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-」、舞台版の「死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-」が制作されます。探偵の久坂幻士郎を鈴木拡樹、侠客のリーダー・庄司新之助を崎山つばさという「刀剣乱舞」にも出演した二人が演じます。そして幻士郎と新之助とともに、江戸の難事件に挑む死神の十蘭を演じるのは安井謙太郎(7ORDER)です。また新之助の姉・お藤は鈴木絢音(乃木坂46)が演じます。死神と契約して死神遣いとなった幻士郎が、新之助やお藤を巻き込みながら不可解な遊女連続殺人事件の真相に迫るストーリーです。映画版は2020年6月12日より公開。舞台版も夏より公開予定です。

東映ムビ×ステ 第2弾「死神遣いの事件帖」は、東映と東映ビデオによる合同プロジェクトです。ムービーとステージの融合を目指すというコンセプトで、2019年にスタートしました。2019年の夏から秋にかけて第1弾作品を公開。舞台「GOZEN-狂乱の剣-」と映画「GOZEN-純恋の剣-」の中で、連動したストーリーを展開しました。そして2020年、江戸を舞台にした「死神遣いの事件帖」の制作が決定。映画版「死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-」の監督は柴﨑貴行、脚本は須藤泰司が手掛けます。鈴木拡樹、安井謙太郎、崎山つばさらが出演します。舞台版「死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-」は脚本・演出を毛利亘宏(少年社中)が担当し、一部キャストは映画版と共通です。探偵業を営む久坂幻士郎と侠客のリーダー庄司新之助が、死神の十蘭とともに江戸を騒がす怪事件に挑みます。映像ならでは、舞台ならではの演出や、視点の移り変わりが見どころです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート