真空ホロウのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

真空ホロウのライブ・コンサートチケット一覧

ボーカル、ギター担当でありバンドの作詞、作曲も行う松本明人と、結成2年後のベース脱退に伴い加入したベース担当村田智史、村田加入後の2年後に加入したドラムス担当大貫朋也の3人によるロックバンド真空ホロウ。真空は「何もない」、ホロウは「歩廊」を意味し、「何もない回廊を歩いて自分たちで何かを作っていく」という意味を込めて名づけられました。メンバーは全員茨城県出身で、特に村田のトークは茨城訛りが強く出ます。2009年に新人アーティストコンテストを勝ち抜き、国内最大級のロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2009』に出演した翌年、1stミニアルバムを発表します。コンサートのほか、夏の野外フェスにも精力的に出演しており、2012年10月にメジャーデビューを果たしました。

真空ホロウの日程

すべての日程

須澤紀信 presents キシン伝心
TREASURE05X 2019 HEADING FOR TOMORROW -8/10

真空ホロウのチケットを都道府県で探す

真空ホロウとは

真空ホロウとは、茨城県で結成された3人組のロックバンドです。茨城県内や都内でのライブハウスを中心に活動してるグループです。2009年に新人アーティストコンテストで勝ち抜き、国内最大級のロックフェス、ROCKINJAPANFESTIVAL2009に出演を果たします。同年5月に、東京下北沢でワンマン無料公演を行います。2011年には自主レーベルより2ndミニアルバム、ストレンジャー、をリリースし、リリースツアーを行いました。ツアーファイナルは、新宿LOFTにて行われました。2012年10月には、メジャーデビューを果たします。2013年5月には、メジャーデビューしてから2枚目となるミニアルバム、少女A、を発売し、それに伴い行われたツアーでは自身初となる東名阪ワンマン公演を行いました。作詞作曲は、ボーカル兼ギターを担当している、松本明人が行っており、心に響く歌声や、共感できる歌詞に定評があります。また、ライブ中のトークでは、地元である茨城県の訛りが出たりと、ファンにとっては少し嬉しい場面もあります。数々のフェスにも参加しており、新星のライブバンドとして若者を中心に注目が集まってきているバンドです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口