春風亭一朝のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

春風亭一朝のチケット一覧

春風亭一朝は1950年12月10日に生まれた、東京都足立区出身の落語家です。1968年3月に落語界に入門し、落語協会に所属してます。高座に上がる時の出囃子は菖蒲浴衣です。キャッチフレーズには、一生懸命の一生と一朝をかけた言葉である、イッチョウ懸命がよく使われています。5代目春風亭柳朝が師匠であり、総領弟子の関係となります。師匠である春風亭柳朝と共に、東京の江戸落語が得意な落語としてよく名前を挙げられます。NHKで放送された事のある大河ドラマでも、言葉の指導をおこなった経験があります。趣味は笛の演奏であり、歌舞伎や落語の囃子を担当できる程の腕を持っています。1984年に4回国立演芸場花形新人大賞を受賞し、1986年 文化庁芸術祭優秀賞を受賞しています。2013年には、第30回浅草芸能大賞の奨励賞を受賞しました。笛演奏では、多数のCDを販売していて、寄席囃子や決定版 寄席ばやしなどが発売されています。2017年には芝居噺などをまとめたCDの、春風亭一朝1朝日名人会ライヴシリーズ121を発売しています。2018年・2019年と池袋園芸場などの各地で活動しています。

春風亭一朝の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/3/27()
  • 18:30
日本橋公会堂(日本橋劇場)

東京都

人形町らくだ亭 第83回
1階 2列 5~8番の間の連番
1枚のみ2,500円/枚

春風亭一朝は、明るい性格と賑やかで勢いのある芸が特徴の落語家であり、さまざな事をこなす器用さを兼ね備えています。落語のセンスは当然のことながら、どんな状況でも対応できる応用力や臨機応変に動く事ができます。寄席関係者の間ではその有能ぶりから、困ったら一朝という格言が誕生しているほどです。前座噺や長いツナギ、短い高座もこなすことが可能であり、寄席番組のどこでも仕事をこなせる人間として落語界では名前が知られています。落語家として活動はもちろんの事。江戸落語が得意であり江戸ことばに詳しい事から、NHK大河ドラマの龍馬伝の番組制作で指導ができるほど詳しいです。また、笛の演奏の腕もプロ並みであり、歌舞伎や落語の囃子をいくつも担当し、多数のCDを出しています。江戸ことばを巧みに使いこなす春風亭一朝は、切れ味のいいリアクションをする江戸っ子ぶりや、終盤にかけて一気に盛り上がっていく独特の芝居の空気が評価されている落語家です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口