チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 ケンジトシのチケット一覧

舞台「ケンジトシ」は、日本の童話作家である宮沢賢治と妹のトシを題材とした、劇団シス・カンパニーが送る舞台です。公演日は2020年6月に東京の紀伊国屋ホール、2020年7月初旬に大阪のサンケイホールブリーゼにて上演されます。出演者は中村倫也、栗木華、段田安則ほかで、演出は栗山民也、作は北村想で、劇作家北村想の新作でもあります。「注文の多い料理店」や「銀河鉄道の夜」などの童話、またイーハトーブという言葉の生みの親でもある宮沢賢治と、学業では優秀な成績を収め、賢治のよき理解者でもあった妹のトシとの物語を軸に描かれる舞台作品です。小説家としても名をはせる北村想と、数々の受賞歴を誇る栗山民也が繰り広げるストーリーに注目が集まります。出演する俳優陣も、ドラマや映画で活躍を見せる中村倫也に黒木華、ベテラン俳優段田安則と豪華なメンバーを揃えた贅沢な舞台で、映画化もされたことのある宮沢賢治という一人の童話作家の物語をどう描くのか、期待されます。

舞台「ケンジトシ」は、日本を代表する童話作家の宮沢賢治と妹であるトシとのストーリーを軸にした舞台ですが、教科書などでも触れる機会の多い宮沢賢治だけではなく、妹トシというあまり知られていない人物にもスポットを当てているところに魅力があります。宮沢賢治という作家が生まれるまでに起こった数々の試練や父との確執という逆境、その中で支え続けてくれた心優しい妹トシとの関係性や賢治の生き方などを、北村想と栗山民也というタッグで提供される舞台は要注目です。また、その人気もさることながら演技力の評価も高い中村倫也に黒木華、ベテラン勢の中でも存在感や芝居に定評のある段田安則という出演者が作る豪華な空間は特別なひと時を与えてくれます。一人の人間として、作家として様々な影響を賢治に与えたトシと、悩みや葛藤と闘いながらも創作を続けた賢治の物語を、堤真一や高橋克実なども所属するシス・カンパニーが送る舞台 ケンジトシは必見です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート