スペースシャワー列伝のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

スペースシャワー列伝のチケット一覧

スペースシャワー列伝は、日本の音楽専門チャンネルとしては老舗であるスペースシャワーTVが主催するライブイベントの名称です。2001年4月に初開催となる「第1巻」が渋谷のライブハウスにて行われ、以降、年に数回のペースで開催されています。2014年9月28日に東京の新宿LOFTで開催された公演で通算100回目を達成。100回目のこのライブでは、THE ORAL CIGARETTES、キュウソネコカミ、石崎ひゅーい、クリープパイプらのアーティストが出演していました。開催歴の多いイベントだけに複数回の出演履歴を持つアーティストも多く、ここへの出演をきっかけにして知名度を上げていくアーティストも多いイベントです。 2019年は、2月下旬から3月上旬にかけて第139巻を開催。「列伝ツアー」として4組のバンドが全国9都市のライブハウスをまわりました。6月の「第140巻~追風待月の宴~」では、ハンブレッダーズ、kobore、Half time Old、TETORAが渋谷WWWに出演。7月の「第141巻~想音文月の宴~」は新宿LOFTでの開催で、ネクライトーキー、TENDOUJI、キタニタツヤらの出演がアナウンスされています。

スペースシャワー列伝の日程

すべての日程

SPACE SHOWER TV 開局30周年記念公演 スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 同騒会
スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2020
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • SPACE SHOWER TV 開局30周年記念公演 スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 同騒会

    • Zepp DiverCity(東京都)
    • 1階スタンディング 整理番号未定 オフィシャル二次先行当選分 発券開始後(2/8 14時~)ファミリーマートにて発券して下さい。発券の際、別途手数料がかかります。

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 15,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • SPACE SHOWER TV 開局30周年記念公演 スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 同騒会

    • Zepp DiverCity(東京都)
    • 座席未定。オフィシャルHP最速先行。発券開始になり次第、発券番号をお知らせいたします。

      • 女性名義
      • 電チケ
      • 19,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 即決SPACE SHOWER TV 開局30周年記念公演 スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 同騒会

    • Zepp DiverCity(東京都)
    • スタンディング、整理番号不明 列伝オフィシャルホームページ最速先行

      • コンビニ発券
      • ファンクラブ
      • 18,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • SPACE SHOWER TV 開局30周年記念公演 スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 同騒会

    • Zepp Nagoya(愛知県)
    • 1階スタンディング。整理番号未定。オフィシャルHP最速先行当選分。入金確認後、連絡ボードより発券番号をお知らせ致します。ファミリーマートにて、2月2日(日)14時より発券可能となります。その際、発券手数料がかかるかと思いますので、ご負担下さりますようお願い致します。

      • コンビニ発券
      • 主催者
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 2
全4件 1-4件目

スペースシャワー列伝のチケットを都道府県で探す

日本最大規模の音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVが主催するライブイベント「スペースシャワー列伝」。「ライブハウスを中心に活躍するインディーズアーティストや、ビデオクリップのないアーティストを、ライブを通してその魅力を全国の視聴者に伝える」というコンセプトのとおり、数あるスペシャ主催イベントのなかでも、とりわけ新人やネクストブレイクとして期待されるアーティストをフィーチャーしています。2001年4月6日に渋谷クラブエッグで開催された第1巻には、MO'SOME TONEBENDER、THE BACK HORN、NAHTの3組が出演。その後、ASIAN KUNG-FU GENERATION、RADWIMPS、ONE OK ROCKなど、のちに日本のロックシーンを代表する存在になるバンドもこのステージに立っています。 当初は月に1回のペースでしたが、2007年頃より不定期で年に4~5回の開催。2014年には9月28日の第100巻から11月28日の第124巻まで、2ヶ月で25回とハイペースで行われることもありました。通常は都内のライブハウスを会場としますが、全国の都市で行われるJAPAN TOURや特別編などもあり、2017年にはJAPAN TOUR10周年を記念したアジアツアーも開催。バンコク、シンガポール、台北の3都市で公演を行っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口