スペイン国立ダンスカンパニーのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,033枚、本日の新着チケット数523

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

スペイン国立ダンスカンパニーのコンサートチケット一覧

スペイン国立ダンスカンパニーは、1997年に発足したクラシックバレエ団です。ヴィクトール・ウラーテをはじめとする名匠が歴代の芸術監督を担い、数々の公演を成功させています。2014年12月に来日した際には、神奈川芸術劇場において名作5作を公演しました。いずれのプログラムも本公演に備えて用意した特別版のため、大好評を博しています。特に、天井桟敷の人々は伝説の作品をリメイクしていたことから、話題になりました。3年ぶりの来日公演は、2018年秋に東京文化会館大ホールで行われています。アントニオ・ナハーロ芸術監督が指揮をとり、情熱的な作品で観客を魅了しました。 また、札幌文化芸術劇場hitaruで催される札幌芸術の森バレエセミナー30周年記念公演に出演し、ミ・ファボリータなどの名作を上演します。同記念公演は、札幌芸術の森で行われるバレエセミナーの30周年を祝う特別なイベントのため、多大な期待が寄せられています。

スペイン国立ダンスカンパニーは、1989年に初来日を果たして以降、日本全国のバレエファンを熱狂させているカンパニーです。1990年に監督が交代し、上演する作品のテイストが一変しました。クラシックバレエをベースにしたコンテンポラリー作品を上演する頻度が増え、注目度が急上昇しました。2011年からはパリ・オペラ座でトップダンサーとして活躍していたジョゼ・カルロス・マルティネズが芸術監督に着任しています。ジョゼの加入に伴い、ネオ・クラシック、スペインの文化を取り入れた作品など、あらゆる作品に果敢にチャレンジし始めました。レパートリーの幅が拡大し、カンパニー全体が更なる進化を遂げようとしています。 スペイン国立ダンスカンパニーによる上演は、世界各国で高く評価されています。鍛え抜かれた肉体を兼ね備えたダンサー達が披露するパフォーマンスは圧巻です。特に、フラメンコを題材にした作品は、情熱的な踊りに魂が揺さぶられる傑作です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口