サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,821枚、本日の新着チケット数522

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団のコンサートチケット一覧

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団はロシアのサンクトペテルブルクを本拠地として活動しています。ソ連時代、ムラヴィンスキーの下で世界中にその名を轟かせた名門中の名門オーケストラです。11月11日に文京シビックホール大ホール (東京都)、11月12日から13日までサントリーホール大ホール (東京都)、11月14日に川口総合文化センターリリアメインホール (埼玉県)、11月16日佐賀市文化会館大ホール (佐賀県)、11月17日ザ・シンフォニーホール (大阪府)11月18日北九州ソレイユホールで日本公演が開催されます。指揮は1988年からサンクトペテルブルグ交響の首席指揮者・音楽監督、マリインスキー歌劇場の芸術監督及び首席指揮者、ボルチモア響の首席指揮者・音楽監督、パルマ王立劇場の音楽監督などを歴任しているユーリ・テミルカーノフです。ロシアの伝統を踏まえたプログラムが用意されています。

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団は、ロシアのサンクトペテルブルクを本拠地として活動しています。オーケストラ自体は1772年に発足したペテルブルク音楽協会が起源となっています。1802年に設立されたペテルブルク・フィルハーモニー協会はサンクトペテルブルクフィル交響楽団の前身となっています。1824年にベートーヴェンの傑作である壮厳ミサ曲(ミサ・ソレムニス)の世界初演を行いました。サンクトペテルブルクフィルハーモニー交響楽団は1882年皇帝アレクサンドル3世の勅令により設立されました。芸術の国であるロシアで最古の交響楽団です。1917年、2月革命の後、国立フィルハーモニー管弦楽団と改称され初代指揮者はクーセヴィツキーがむかえられました。1991年までは「レニングラード・フィル」という名称で親しまれてきましたが、度重なる都市名の変換により「サンクトペテルブルグ・フィル」と改名されました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口