舞台 春のめざめのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数163,984枚、本日の新着チケット数227

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

舞台 春のめざめ のチケット一覧

「春のめざめ」はドイツの作家、フランク・ヴェーデキントが1981年に発表した戯曲です。思春期ならではの青少年たちの性への目覚めと、それを抑圧する大人たちの対比の中から起こる悲劇を描いています。1906年になり、マックス・ラインハルトの演出によりベルリン・ドイツ座で初演となりました。初演から100年以上経った今日でも評価されています。日本では2009年に劇団四季がミュージカル版を上演しました。また2014年に朗読劇、2017年にKAAT神奈川芸術劇場プロデュース公演として舞台上演されました。2019年4月13日から4月29日まで、KAAT神奈川芸術劇場・大ホールにて再上演されます。また5月6日に東広島芸術文化ホールくらら・大ホール、5月11日に兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホールでも上演されます。演出は白井晃、出演は伊藤健太郎(主演・メルヒオール役)、岡本夏美(ヴェントラ役)、栗原類(モーリッツ役)です。

舞台 春のめざめ の日程

すべての日程

舞台 春のめざめ
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全192件 1-100件目

舞台 春のめざめ のチケットを都道府県で探す

「春のめざめ」はフランク・ヴェーデキントの戯曲です。ドイツを舞台に、性に目覚めた少年少女の葛藤を描いた、3幕構成の作品です。1981年の出版当時は赤裸々な描写が問題視され、検閲により長く上演が禁止されていました。1906年にベルリン・ドイツ座にて初演されました。1928年にはマックス・エッティンガー作曲によるオペラ版、1924年のヤーコプ・フレック監督、1929年のリヒャルト・オスワルト監督による映画版も制作され、20世紀を代表する人気作です。2006年にはブロードウェイでロック・ミュージカルとして上演されるなど、様々な演出で上演されてきました。日本では1910年代から現在にいたるまで、多数の翻訳版が刊行されています。ミュージカル版は劇団四季によって2009年、2010年に上演されました。さらにKAAT神奈川芸術劇場プロデュース公演が2017年に行われ好評を博し、2019年4月に再上演されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口