サンクトペテルブルグ室内合奏団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数181,291枚、本日の新着チケット数700

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

サンクトペテルブルグ室内合奏団のコンサートチケット一覧

サンクトペテルブルグ室内合奏団は、ロシアの室内楽団です。音楽の都として名高いロシア・サンクトペテルブルグに本拠地を置く、若手演奏家たちを中心として結成された合奏団で、そのレパートリーはクラシック楽曲に限らず、ジャズや映画音楽など多岐にわたっていることが特徴。基本としている合奏編成は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの弦楽合奏ですが、他楽団の演奏者や歌手などを招いての共演も積極的に行っていて、その精力的でチャレンジ精神旺盛な活動は音楽評論家からも非常に高く評価されています。サンクトペテルブルグ室内合奏団が、日本で初めて演奏会を行ったのは、2000年のクリスマスのこと。大好評を博したこの初公演以来、毎年日本でクリスマス公演を行っており、毎回必ず訪れているという熱心なファンも少なくありません。また、特にコンサートマスター兼芸術監督であるヴァイオリニスト・イリヤ・ヨーフの演奏は見どころのひとつとなっています。

サンクトペテルブルグ室内合奏団はロシアの芸術の都・サンクトペテルブルグで結成された室内合奏団です。オーケストラ(管弦楽団)ではなく、弦楽器のみの構成で、楽器の基本編成はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスによる弦楽合奏です。 メンバーの中心となっているのは若手演奏家たちです。バロックなどのクラシック音楽を中心に、映画音楽など幅広い音楽を演奏し、好評を得ています。ダイナミックな音色から繊細で軽やかなタッチ、透き通るようなピチカートなど、個性豊かな弦楽器の音色は、ロシア有数のアンサンブルとして高く評価されています。軽やかで耳に心地よい音楽で聴衆にアピールしています。 演奏は聴衆とともに楽しむことがモットーとされていて、リーダーでありヴァイオリンの名手でもあるイリヤ・ヨーフのパフォーマンスも見どころの一つとなっています。メンバーたちもそれぞれ、クラシック音楽の演奏家たちやジャズなど、それぞれが幅広いレパートリーを持っているので、聴衆をいかに楽しませるかをよくわかっていて、明るく楽しい気分を味わわせてくれます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口