舞台 ハンバーグができるまでのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

舞台 ハンバーグができるまでのチケット一覧

落語家である柳家喬太郎が生み出してきた数々の新作落語のうちの1つ、「ハンバーグができるまで」が舞台として上演されることが決定しました。公演は2019年3月20日(水)から24日(日)まで博品館劇場(東京都)で全8公演行われます。 「ハンバーグができるまで」は、バツイチの中年男性がいつもの商店街で出来合いの総菜ではなく食材を買い歩いたことであらぬ憶測を呼ぶ一方、買い物を頼んだ元妻がその想いを告げる様を描いたもの。中年男性を日本映画界に欠かせない存在となってきている俳優渋川清彦、元妻をドラマ・映画・舞台と幅広く活動する実力派女優馬渕英里何が演じるほか、原作を手掛けた柳家喬太郎や劇団ペテカンのメンバーが多数出演します。脚本・演出を担当するのは、2017年に喬太郎が主演を務めた舞台「スプリング・ハズ・カム」でもタッグを組んだ劇団ペテカンの本田誠人です。 柳家喬太郎の新作落語の中でも人気の高い「ハンバーグができるまで」が、舞台でどのように演じられるのか注目です。

舞台 ハンバーグができるまでの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/3/24()
  • 17:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
最前列の席です。
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/3/24()
  • 12:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
B列1番台です。
1枚のみ4,300円/枚
  • 2019/3/24()
  • 12:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
公演当日、開演1時間前より劇場チケット窓口にて 座席指定券に引き換えください
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/3/23()
  • 18:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
A列19番、最前列の良席だと思います。
1枚のみ6,500円/枚
  • 2019/3/22()
  • 19:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
P列10番台
1枚のみ6,800円/枚
  • 2019/3/22()
  • 14:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
合挽きチケット(夜公演とのセット券)です。 席はI列のいずれかです。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/3/22()
  • 14:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
寄席公演は舞台目前の最前列である、A列の1枚です。合挽きチケットです(寄席公演+舞台公演のセット)。舞台公演は当日引換券ですが、日程は3/22(金)19時開演の公演か、千秋楽公演である3/24(日)17時開演の公演かお選びいただけます。
1枚のみ6,800円/枚
  • 2019/3/22()
  • 14:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
3月22日14時開演の『寄席公演』と3月22日19時開演の『舞台 ハンバーグができるまで』の合挽きチケットです。座席番号は『J列 14~19番』のいずれかですが、発券前のため『寄席公演』と『舞台』のどちらの座席番号かがはっきりとは分かりません。19時公演は当日引換券対応との記載があるので、多分寄席公演の座席番号かと思いますが、舞台の座席番号の可能性もありますので予めご了承下さい。
1枚のみ13,000円/枚
  • 2019/3/21()
  • 18:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
A列1番台になります。
1枚のみ4,500円/枚
  • 2019/3/21()
  • 18:00
銀座博品館劇場

東京都

舞台 ハンバーグができるまで
A列14番、初回抽選のチケットです。
1枚のみ6,500円/枚

「ハンバーグができるまで」は、本格的な古典から観客を大いに笑わせる多種多様な新作まで披露する人気落語家、柳家喬太郎の新作落語の中でも特に人気の高い噺です。柳家喬太郎は、現在最もチケットが取れない落語家の1人と言われており、2016年には映画「スプリング・ハズ・カム」で、2017年には同映画の舞台化で初主演を務めるなどその活躍の幅を広げています。 毎日出来合いの総菜を買ってばかりいるバツイチ中年のマモルは、ある日いつもの商店街で食材を買い歩きます。いつもと違うマモルの様子に商店街は大騒ぎとなります。実は元妻サトミに頼まれてハンバーグの食材を買いに行っていたマモル。サトミがハンバーグを作りにやって来た理由とは…。 落語らしからぬ「ハンバーグ」を題材に、笑いあり涙ありで綴られる「ハンバーグができるまで」。喬太郎が語る落語としてのみでなく、2019年3月から上演される舞台ではまた違った形で同作を楽しむことができるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口