サマーソニックのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数188,436枚、本日の新着チケット数4,564

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

サマーソニック(サマソニ)のチケット一覧

サマーソニック(サマソニ)が初めて開催されたのは2000年で、初年度は山梨県の富士急ハイランドと大坂府のWTCオープンエアスタジアムの2会場が使われました。その後は規模の拡大に伴い、東京会場として千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)が採用され、大阪会場にはインテックス大阪が加えられました。そして、2007年には豊洲にサマソニ特設会場が設置されるようになっています。現在、観客動員数は両会場2日間を合計して20万人を超えており、日本を代表する音楽イベントとなっています。 サマーソニック(サマソニ)は「都市型フェス」を自称しており、コンセプトとしては東京や大阪の中心地から1時間程でアクセスできる会場が売りです。その為、地方から訪れる観客にとってもアクセスしやすく、交通の利便性も良いわけです。そうしたことが、観客動員数ナンバーワンフェスを実現している背景にあります。また、サマソニは都市型フェスに加えて、「巡回型フェス」の形もとっています。それぞれの出演アーティストが東京会場と大阪会場を行き来するので、一つの会場でより多くの公演を楽しめます。 サマーソニック(サマソニ)の最大の魅力は、何と言っても出演者の豪華さにあります。特に海外アーティストの参加が多く、パンクからミクスチャー、そしてヒップホップに至るまで幅広いジャンルが参加します。加えて、スティービー・ワンダーなどのような伝説的アーティストが参加することも珍しくありません。勿論、国内のJPOPアーティストやアイドルも参加しており、幅広い層のファンが楽しめるイベントになっています。今後も、さらに音楽フェスとしての本質が追求され、世界的にも注目されるイベントになると期待されます。

サマーソニック(サマソニ)の日程

すべての日程

1日券 SUMMER SONIC 2018-8/18 東京(サマソニ)
1日券 SUMMER SONIC 2018-8/18 大阪(サマソニ)
2日券 SUMMER SONIC 2018 東京(サマソニ)
2日券 SUMMER SONIC 2018 大阪(サマソニ)
1日券 SUMMER SONIC 2018-8/19 東京(サマソニ)
1日券 SUMMER SONIC 2018-8/19 大阪(サマソニ)
SONICMANIA 2018
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全111件 1-100件目

サマーソニック(サマソニ)のチケットを都道府県で探す

サマーソニック(サマソニ)の魅力は抜群の利便性と豪華で幅広いラインナップにあり! 例年2日間で10万人以上の来場者数を誇る、大人気の都市型ロックフェスティバル、サマーソニック(サマソニ)。東京会場・大阪会場ともに利便性抜群なので、大きな荷物いらずで気軽に夏フェスが楽しめるのが人気の理由のひとつです。世界各国のおいしい料理やオリジナルメニューが充実したサマソニご飯でお腹を満たしつつ、野外ライブやDJ、ダンスまで楽しめます。そして何より、サマーソニック(サマソニ)の最大の魅力は、豪華で幅広いラインナップです。日本の若手実力派アーティストから海外有名アーティストまで、様々なジャンルの音楽を一度に楽しめる、音楽好きにとって夢のようなフェスなので、チケットは売り切れ必至です。過去にはグリーン・デイやレディオヘッド、ビヨンセやリアーナなどの大物アーティスト、さらには伝説とも呼ばれるスティーヴィー・ワンダーもヘッドライナーとして出演しています。J-POPからロック、パンク、ミクスチャー、メタル、ヒップホップ、R&Bまで何でもアリのお祭り騒ぎを体感できる、夏にもってこいの音楽フェスティバルです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口