大相撲のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数144,622枚、本日の新着チケット数791

大相撲のチケット一覧

大相撲とは日本相撲協会が主催する相撲興行です。年に6回行われ、東京の両国国技館で行われる一月場所、五月場所、九月場所はそれぞれ初場所、夏場所、秋場所と呼ばれ、大阪府立体育会館で開催される三月場所は春場所、愛知県体育館で行われる七月場所は名古屋場所、福岡国際センターで開催される十一月場所は九州場所と呼ばれています。そのほかの本場所とは別で成績に影響しない興行として花相撲や海外公演、海外巡業が行われることもあります。 相撲は元々は日本古来から伝わる奉納相撲で、興行として組織化されたのは江戸時代に入ってからです。かつては東京相撲と大阪相撲など複数の組織がありましたが、1927年に東京相撲と大阪相撲が解散して大日本相撲協会が発足しました。また大正時代までは本場所は年2回でしたが、1958年に名古屋場所が追加されたことで年6回となりました。 力士達は横綱を頂点とする番付で順位付けされており、それぞれの場所の成績によって昇進や降格が決定されます。取り組みは日曜日から翌々週の日曜日まで合計15日間行われ、最初の日は初日、8日目を中日、最終日を千秋楽と呼びます。 横綱を中心とした最も上位のリーグは幕内で、その下に十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口という下位リーグがあります。幕内と十両は1場所で15回取り組みを行い、それ以下のリーグでは7回の取り組みを行います。その勝利数によって優勝者を決め、場所内での勝利数が同数であった場合には優勝決定戦を行います。リーグは出場する力士全員の総当たり戦ではなく、同じ部屋に所属する力士同士は対戦しない部屋別総当たり制です。 本場所の取り組みで8日以上勝利すれば勝ち越しと呼び、逆に8日以上敗北すれば負け越しと呼びます。基本的には場所内で勝ち越せば昇進し、負け越せば降格します。ただし横綱は降格せず、横綱の次の格である大関の降格にも厳しい条件が定められています。 大相撲の本場所の開催中はNHKのテレビやラジオで中継されます。この大相撲実況中継は元々1928年のラジオ放送から始まり、1953年からはラジオ放送も始まりました。放送時間はテレビのNHK総合が平日は原則15:10から18:00まで、土日祝は15:05から18:00までです。衛星放送のBS1では13:00から放送され、幕下以下の取り組みも放送されています。ラジオの放送時間は16:05から18:00までで、千秋楽のみ15:30から18:00まで放送されます。

すべての日程

平成29年度 大相撲 名古屋場所(七月場所)
大相撲名古屋場所60年イベント
平成29年 夏巡業 大相撲
平成29年 大相撲 秋場所(九月場所)
平成29年度 秋巡業 大相撲
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全751件 1-100件目

大相撲が好きな方はこちらもおすすめ







日本の国技大相撲は、年6回奇数月に本場所が行われます。年初めの初場所(両国国技館)からスタートし、3月場所(大阪場所)、5月場所(夏場所)、7月場所(名古屋場所)、9月(秋場所)が開催され、一年納めの11月(九州場所)で締めくくられます。本場所が無い時期には地方巡業が行われますが、力士との距離も近くに感じられチケットも取りやすいので狙い目です。 大相撲は近年非常に人気が高くなっており、満員御礼となる事も少なくありません。当日券が買いにくいなどの問題が起こってきたため、コンビニでチケットが買えるようになりました。スー女という女性相撲ファンも増えており、取り組み前にはお目当ての力士に黄色い声援が飛ぶ光景も増えてきています。2017年に19年ぶりに日本人横綱が誕生したことや、若手力士の成長が目覚ましいことなど明るい話題が多く、熱戦を満喫できるでしょう。大相撲には部屋ごとに後援会があるのが通例ですがファンクラブが別にあるケースもあります。ただしこういった会に入っても優先チケットを取る事は出来ないようですのでご注意ください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口