大相撲のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,498枚、本日の新着チケット数2,050

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

2019年 夏巡業 大相撲

2019年 夏巡業 大相撲のチケットの一覧です。その他にも12都道府県77公演のアーティストのチケットを取り扱っています。

大相撲の日程

すべての日程

2019年 春巡業 大相撲
2019年 大相撲五月場所 
2019年 大相撲七月場所 名古屋場所
2019年 夏巡業 大相撲
2019年 大相撲九月場所 秋場所
稀勢の里引退荒磯襲名披露大相撲
2019年 大相撲十一月場所 九州場所
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全5件 1-5件目






大相撲は、日本相撲協会主催による相撲興業です。日本の伝統的な国技として、江戸時代初期より興業が行われてきました。当時は勧進相撲と呼ばれ、寺社の建立や移築資金を募るための興行でした。現在の隅田川花火大会とともに、江戸を代表するイベントとして発展してきました。 幕末にはすでにレスリングやボクシングなど異種試合を行うなど、伝統的なスポーツでありながら新しい試みに挑戦しています。1909年には、日本初の常設会場・両国国技館が完成しました。東西対抗戦といった近代相撲のルールが確立したのもこの頃です。戦前より勝敗を争うスポーツとしての側面が強くなり、終戦直後の1945年11月には秋場所も開催されています。1950年からはテレビ中継が始まりました。1960年代からは海外公演が行われるようになり、徐々に国外での認知度が高まってきました。海外巡業も開催しており、古くは昭和初期に南洋諸島でも開催されています。戦後のハワイ巡業では初の外国人関取となった高見山がスカウトされるなど、外国人力士発掘の場にもなっています。1985年には現在の両国国技館が完成しました。落成式には当時の横綱であった千代の富士と北の湖による三段構えが披露されました。引退相撲も両国国技館で開催され、大銀杏を切り落とす断髪式はこのとき行われます。平成に入ってからは、小錦や曙、武蔵丸といったハワイ出身力士が頭角を顕わしました。また史上初の兄弟横綱となった若乃花・貴乃花による若貴ブームも手伝って、女性ファンが急増しました。2000年代中頃からは朝青龍といったモンゴル力士が登場し、把瑠都などのヨーロッパ出身力士も活躍するようになっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口