砂の器 シネマコンサート2019のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数158,760枚、本日の新着チケット数122

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

砂の器 シネマコンサート2019のコンサートチケット一覧

「砂の器 シネマコンサート2018」は松本清張原作の「砂の器」を映画化した作品を、フルオーケストラで音楽の部分を表現する最新ライブエンターテイメントです。 壮大なスケールと原作者である松本清張の生い立ちを交えたこの「砂の器」は1974年に丹波哲郎や加藤剛、島田陽子や緒形拳や渥美清といったそうそうたるメンバーが揃い映画化されました。日本映画史に残る傑作とも呼び声高いこの作品を映像は勿論、セリフや効果音も映画で使われたものをそのまま使いますが、ただこのシネマコンサートが普段映画館で「映画を観る」ことと違うのは、音楽の部分をフルオーケストラの生演奏をするという今までにない試みで上映するのです。「砂の器」は自分の生い立ちや過去のあることを隠す孤高のピアニストが主人公です。ラスト40分にわたるコンサートシーンは、作品に抱く観客の感情と生演奏でフルオーケストラが表現する音楽がまさにライブエンターテイメントを感じさせます。映画と会場が一体化し心震える一瞬一瞬を多くの観客とともに味わえるシネマコンサートです。

砂の器 シネマコンサート2019の日程

すべての日程

映画 砂の器 シネマコンサート2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

砂の器 シネマコンサート2019のチケットを都道府県で探す

松本清張の名作、砂の器 シネマコンサート再演! 2017年に好評だったことから、砂の器 シネマコンサート2018、上演が決定。物語の「宿命」と言う曲は、非常に重要な位置づけとなっていますが、1974年に製作された映画では、芥川也寸志が音楽監督を務め、菅野光亮がピアノと管弦楽のクラシック音楽「宿命」を作曲しました。話の山場全体を通して使われたことから、観客にとって感情に強く訴える曲です。 主人公、天才音楽家の和賀英良が殺人を犯し、迷宮入りとも思われた事件を執念で解決に導く刑事との心理戦。そして、和賀が辿った数奇な運命が紐解かれるクライマックスで、「宿命」の旋律に乗り、時代の世相や社会背景が浮き彫りになります。砂の器 シネマコンサートの魅力は、オーケストラの生演奏が映画音楽を前面に押し出すことで生み出す迫力と高い臨場感にあり、登場人物達の心の動きが響いてくるような演出になっています。映画だけを観た時とはまた違う感動を呼び起こすと大きな支持を得ています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口