SUPER BEAVERのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,085枚、本日の新着チケット数623

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

SUPER BEAVER(スーパービーバー)のチケット一覧

2005年に結成されたSUPER BEAVER(スーパービーバー)は、渋谷龍太(vo)、上杉研太(b)、柳沢亮太(g)、藤原広明(ds)の4人組実力派ロックバンドです。通称ビーバー。2009年にシングル「深呼吸」でEPIC Records Japan からメジャーデビューしました。しかし2011年にメジャーを離れ、自主レーベル・I×L×P× RECORDSを立ち上げ、現在の所属事務所はmurffin discs傘下内のロックレーベル[NOiD]です。初の全国流通は2007年12月、1stミニアルバム『日常』をインディーズレーベルからリリースしました。2008年2ndミニアルバム『心景』の全国リリースツアーでは、ファイナルのSHIBUYA O-WEST公演がソールドアウトとなります。メジャーデビュー後の2010年には、3rdミニアルバム『SUPER BEAVER』の収録曲「ささやかな」を、映画「ソラニン」の劇中に登場するバンド・ロッチに提供し、一躍話題となりました。2018年4月30日には、結成14年目にして初の日本武道館ワンマンライブが開催されました。チケットは即日ソールドアウト。人気の高さがうかがえます。そして同年6月27日、約2年ぶりのフルアルバム『歓声前夜』を発表しました。さらには、彼らにとって初の全国ワンマンツアー「SUPER BEAVER『歓声前夜』Release Tour 2018 ~初めての、ラクダ運転~」が7月14日の京都・KBSホールからスタート。全国13箇所、14公演です。また、記念すべき初のファンクラブイベント『SUPER BEAVER ″友の会″ FCツアー2018 〜ラクダ親睦会スペシャルライブ〜』も開催。10月30日から福岡、広島、愛知、宮城、大阪、東京の6箇所をまわります。彼らの一番の魅力はなんといってもライブ。会場を一体にするパワフルで圧倒的なライブパフォーマンスは一見の価値アリです。また、熱いなかにもオシャレ感があり、心に突き刺さる歌詞を表現力豊かに歌いあげるボーカルの声は圧巻の一言。SUPER BEAVERにとって初づくしの2018年に注目です。

SUPER BEAVER(スーパービーバー)の日程

すべての日程

SUPER BEAVER 都会のラクダ ホール&ライブハウス TOUR 2019 立ちと座りと、ラクダ放題
SUPER BEAVER 都会のラクダ Tour 2019 今すぐお届け!本格、ラクダチェリーパイ!
AS ONE FEST 2019
4日券 VIVA LA ROCK 2019
1日券 VIVA LA ROCK 2019 -5/3
All Night Viva! -5/3 てんぷらジェットでアゲまっせ!
3日通し券 JAPAN JAM 2019
1日券 JAPAN JAM 2019 -5/5
I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER -5/12
2日通し券 TOKYO METROCK 2019
1日券 TOKYO METROCK 2019 -5/26
LOVE MUSIC FESTIVAL 2019 -6/1
1日券 百万石音楽祭2019 ミリオンロックフェスティバル -6/2
1日券 JOIN ALIVE 2019 -7/14
2日通し券 NUMBER SHOT 2019
1日券 NUMBER SHOT 2019 -7/20
3日通し券 OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL Vol.10
【5日通し券】ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロックインジャパン)2019
1日券 SUMMER SONIC 2019 -8/17 東京(サマソニ)
1日券 WILD BUNCH FEST. 2019 -8/23
2日通し券 MONSTER baSH 2019
3日通し券 SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019
2日通し券 TRIANGLE'19
1日券 THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019-10/5
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全285件 1-100件目






SUPER BEAVER(スーパービーバー)は、ドラマのオープニングテーマに採用されたり、最近特に注目を浴びるようになってきて、ライブの動員、注目度も上がっています。ビッグネームも参加するフェス、チャージドリンク付きで楽しめるライブのどちらも、飄々としたやさしさと、たくましさが感じられ、終わるとすぐ又、次のライブへ足を運びたくなります。フェスだと数曲だけしか聞けないですが、屋外ライブ独特の開放感を、アーティストとファンが共有できますし、音の印象も違うので新鮮です。ライブハウスの親密な空気で、音に包まれるライブが年間回数としては多く、ライブ会場の照明や音響設備、ステージの広さによって影響を受ける点もありますが、どういう環境でも、らしさ、がなくなることはありません。歌詞とバンドの音の重なりにいつも、メッセージが込められていると、感じます。ライブハウスだと、メンバーのちょっとした体調の変化や、歌い方で伝わる歌詞のニュアンス変化まで楽しめて、個人的にはお勧めです。派手なパフォーマンスを好まない分、音楽とメッセージ、バンドメンバーのキャラクターが、はっきり表れるので、彼らが目指す方向性に共感できるのだと、実感できます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口