スーパーラグビーのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

スーパーラグビーのチケット一覧

スーパーラグビーは、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチン・日本の5カ国が参加して行われる、クラブチームによる15人制のラグビーの大会です。世界120カ国での放送とシーズン合計で250万人以上の観客動員で、世界各国から高い人気を誇るスーパーラグビー。 1980年代にオーストラリアで絶大な人気を誇っていた13人制ラグビーのラグビーリーグに対抗するため、1986年よりニュージーランドとオーストラリア2ヶ国のクラブチームが対抗試合を行ない始めたことがスーパーラグビーの起源となっています。その後参加チームが増加し、ニュージーランドから3チーム、オーストラリアから2チーム、そしてフィジーから1チームの計6チームで試合が組まれるようになりました。 1993年には、南アフリカ共和国のラグビー強化の意向もあり、スーパーラグビーに参戦することになりました。その頃から徐々に認知度があがり人気も出始め、放映権売却などが行なわれ始め、ラグビーは完全にプロスポーツへと移行していきました。 2016年には、アルゼンチンの1チームと日本のサンウルブズが参戦。ラグビー人気を復活させたい日本としては、願ってもないチャンスであり、サンウルブズの活躍が大いに期待されています。 サンウルヴズは太陽を意味する「sun」と狼を表す「wolves」を組み合わせ、熱く輝きながらチームプレーで敵に襲い掛かるプレーを表しています。2019年4月26日(金)にはニュージーランドのハイランダーズとサンウルヴズの試合が秩父宮ラグビー場(東京都)で開催。世界の強豪チームを相手に、苦戦を強いられつつも戦い続ける彼らのプレーに注目です。

スーパーラグビーの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/5/25()
  • 14:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズ対レベルズ
バックS席 2枚 13ゲート東E 38列 183番-184番
2枚連番(バラ売不可)4,000円/枚
  • 2019/4/26()
  • 19:00
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズ対ハイランダーズ
メインS席 1ゲート西W 前1列 40番台連番 最前列です。
2枚連番(バラ売不可)5,500円/枚
  • 2019/4/19()
  • 19:00
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズ対ハリケーンズ
バックS席です。7列目の連番です。
2枚連番(バラ売不可)3,000円/枚
  • 2019/3/16()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズ対レッズ
メインS席 1ゲート西W 前1列 40番台連番(最前列)
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/3/16()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズ対レッズ
5ケ゜ート西W 前2列14番 プレミアム席
1枚のみ8,400円/枚
  • 2019/2/23()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2019 サンウルブズvsワラターズ
バックS席 12ゲート東E 18列158番159番
2枚連番(バラ売不可)4,500円/枚
  • 2018/3/3()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2018
さらに値下げしました。グループゾーン席 13ゲート 東E 31列 195番 セブンイレブン発券です。
1枚のみ3,500円/枚
  • 2018/2/24()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2018
ファンゾーン(バックスタンド)SS席 13東ゲートSS席14列176、177番
2枚連番(バラ売可)6,000円/枚
  • 2016/2/27()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2016
S指定席バック12ゲート東12列160~180
2枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2016/2/27()
  • 13:15
秩父宮ラグビー場

東京都

スーパーラグビー2016
A指定席一般バック 16ゲート東E16列290番台
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚

世界最高峰のチームが集い熱い戦いを繰り広げているインターナショナルプロラグビーリーグ、スーパーラグビー。同リーグにはラグビー王国であるオーストラリア・ニュージーランド・南アフリカのほかアルゼンチン、日本の全15チームが毎年2月から7月にかけてしのぎを削っています。 チームは3つのカンファレンスに分かれて試合を行ない、各チームが同カンファレンスのチームと8回、別カンファレンスのチームと8回対戦。南アフリカカンファレンスにはブルズ、ジャガーズ、ライオンズ、シャークス、ストーマーズが、オーストラリアカンファレンスにはブランビーズ、レベルズ、レッズ、サンウルヴズ、ワラターズが、ニュージーランドカンファレンスにはブルーズ、チーフス、クルセイダーズ、ハイランダーズ、ハリケーンズがそれぞれ所属しています。所属チームの中では、クルセイダーズが最多優勝を誇っています。 スーパーラグビーでは世界トップレベルの試合を見ることができるたけでなく、各国の伝統を取り入れた国際色溢れるショーを見ることができるのも大きな魅力。そのショー見たさに来場するファンもいるほどです。試合前には物販、試合後には選手と触れあうチャンスもあるため、さまざまな楽しみ方をすることができます。 日本からスーパーラグビーに参加する唯一のチームサンウルヴズは、世界の強豪チームを相手になかなか勝つことができないながらも、2019年3月には優勝経験のあるチーフスにアウェイで勝利するなど今後の活躍が期待されています。ラグビーワールドカップの日本初開催も控え、ラグビーへの国内の興味はより高まっていくことでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口