Superflyのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Superfly(スーパーフライ)のライブ・コンサートチケット一覧

Superfly(スーパーフライ)Superfly(スーパーフライ)は、NHK紅白歌合戦に数回出場した実績を持つなど、日本を代表するヴォーカリストの1人です。当初はヴォーカルの越智志帆とギターの多保孝一の2人組ユニットとしてデビュー。しかし、その後多保がアレンジャーやコンポーザーの仕事に専念することになり、越智のソロプロジェクトとしての活動がスタートしました。 Superfly(スーパーフライ)が活動をスタートさせたのは、2003年の頃です。越智と多保は松山大学の軽音楽サークルで出会い、コピーバンドを始めます。当時はローリング・ストーンズや忌野清志郎、マドンナなど幅広いアーティストをカバーしており、これがSuperfly(スーパーフライ)の原型となりました。 そしてSuperfly(スーパーフライ)は、2007年に「ハローハロー」でメジャーデビューを果たします。2008年の4thシングル「愛をこめて花束を」はドラマ主題歌として採用され、結婚式の定番ソングとなるなど一気に全国区のミュージシャンとなりました。 Superfly(スーパーフライ)の飛躍はこれに留まらず、2009年の「My Best Of My Life」がフジテレビの人気ドラマ「BOSS」の主題歌となり、2010年の「タマシイレボリューション」は2010年のサッカーテーマソングとして使用されています。その後もコンスタントに楽曲をリリースしており、2015年に初めて紅白歌合戦に出場、2018年までに3回出場を果たしています。

Superfly(スーパーフライ)の日程

すべての日程

Superfly Arena Tour 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全85件 1-85件目

Superfly(スーパーフライ)のチケットを都道府県で探す







Superfly(スーパーフライ)は越智志帆一人でスタートしたのではなく、元々はギターの多保孝一との音楽ユニットでしたが、多保がコンポーザーやアレンジャーに専念するため表舞台から退き、ヴォーカリストの越智志帆によるソロプロジェクトになったといういきさつがあります。 そんなSuperflyの魅力と言えば、パワフルで圧倒的な歌唱力。ライブではもちろん、画面やイヤホン越しでも聴く人を圧倒する彼女の歌声は多くの人を魅了し、ファンを増やし続けています。その歌唱力でポップな曲からバラードまでを歌いこなし、聴く人の心を瞬く間に心躍らさせ、そして感動へと心を運んで行ってくれます。また、ミュージックビデオの映像も格好良い仕上がりとなっており、人気の要因のひとつとなっています。 ドラマの主題歌も担当しているため、若者世代から中年層まで幅広くファンを持つSuperfly(スーパーフライ)。近年では2018年に第85回NHK全国学校音楽コンクール「Nコン」中学校の部の課題曲としてシングル「Gifts」を書き下ろしたり、2019年にはCMのために書き下ろした楽曲「サンディ」と共に、自身初となるテレビCM出演を果たすなど次々と新しい挑戦をし続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口