駿河太郎のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

駿河太郎のチケット一覧

二世を感じさせない演技派俳優、駿河太郎。1978年に兵庫県で生まれ、株式会社ステッカーに所属する俳優です。有名落語家の笑福亭鶴瓶という偉大な父親を持ち、歩みはさぞかし順調だったと思われがちですが、20代の頃ミュージシャンとして活動しており、デビューしたものの思うように売れずに不遇な時代も経験してきました。現在のマネージャーが俳優の道へと根気強く誘い続けたのをきっかけに、30歳の時に役者の世界へと飛び込みます。俳優としてのデビューは遅かったものの、2011年NHK連続テレビ小説「カーネーション」でヒロインの夫役を演じ、一躍世間に知られる存在となりました。また、2013年に一世を風靡したドラマ「半沢直樹」では、父親である笑福亭鶴瓶との親子共演が話題に。その後も、様々な作品に出演し俳優としての確固たる地位を築き続け、2015年の初の主演映画「夢二~愛のとばしり」では、海外の映画祭ジャパンフィルムフェスティバルで最優秀主演男優賞を受賞しました。そして、2018年直木賞受賞作家・黒川博行原作の「文福茶釜」でも主演を務め、2019年2月からの舞台「天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八」では、主人公の日本初のお笑い芸人・米沢彦八を演じます。

独特の雰囲気が魅力的な個性派俳優、駿河太郎。2011年のNHK連続テレビ小説「カーネーション」ではヒロインの夫役や、2013年の大ヒットドラマ「半沢直樹」では若社長役を好演するなど、数々の話題の作品に出演しています。経歴を上げる際に外せないのが、父親が日本の芸能界には欠かせない存在・笑福亭鶴瓶だということ。そんな偉大な父を持ちながらも、二世タレントであることを感じさせないのが駿河太郎の魅力のひとつです。2015年の主演映画「夢二~愛のとばしり」では、海外の映画祭ジャパンフィルムフェスティバルで最優秀主演男優賞を受賞し、演技力の高さを証明しました。地道に築き上げてきた確かな演技力と、人間としての天性の魅力があるからこそ、笑福亭鶴瓶の息子であることを忘れさせ、一人の実力ある俳優として見る人を魅了しています。俳優としての魅力と、父親譲りの人懐こい笑顔とコミュニケーション能力を持ち合わせ、ドラマ・舞台・CMなど、幅広い分野で活躍しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口