ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,033枚、本日の新着チケット数523

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のコンサートチケット一覧

新年を華やかに迎えるにふさわしい、毎年恒例のウィーン・フォルクスオーパー交響楽団によるニューイヤーコンサート。2019年は、日本とオーストリアの友好150周年を記念したスペシャルコンサートとなります。毎年演奏される「美しきドナウ」、オペレッタプログラムに加え、ウィーンの薫りを乗せた名曲が演奏されます。東京のサントリーホールをはじめ、愛知、福岡、北海道でも公演が行われます。指揮を務めるのは、ウィーン・フォルクスオーパー名誉指揮者のルドルフ・ビーブル。ウィンナ・ワルツ独特の三拍子やテンポの良さで観客を魅了する伝説の指揮者です。現在85歳の彼は、今回で日本ツアーの引退を発表しています。歌声を披露するのは、美しさと実力を兼ね備えた2人、ソプラノは、2012、13年のニューイヤーに出演し大好評を博したアンドレア・ロスト、テノールは5度目の出演となるメルツァード・モンタゼーリが務めます。そして、ウィーン・フォルクスオーパーバレエ団から選りすぐりの2組のペアが華麗に舞います。

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団は、オーストリアの首都・ウィーンで1978年に結成された、オペレッタの殿堂として名高いフォルクスオーパー(国民劇場)のオーケストラです。ウィーン・フィルと並び称される世界最高のウィンナ・ワルツ、ポルカを聴かせてくれます。さまざまな歌手との共演、世界各国での演奏会などにより、バロック作品から現代音楽まで、極めて多彩で幅広い演奏レパートリーを誇ります。アジア諸国でも評価が高く、日本では1998年に100回目のコンサートを開催しました。1998年から開催されてきたサントリーホールのニューイヤーコンサートは、ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団、世界で活躍するアーティストの歌唱、バレエ団による華やかな舞踏で、今や新年の風物詩となった、ウィーン情緒たっぷりのコンサートです。毎年、「美しきドナウ」やオペレッタを凝縮したニューイヤーならではのプログラムが披露され、観客を魅了しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口