20/4/30(木) 18:30 東京宝塚劇場の公演 宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』
20/04/30(木) 18:30 東京宝塚劇場

会場情報

宝塚歌劇団星組公演『幻想歌舞録 眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~』『Ray 星の光線』が、2020年2月から5月にかけて開催されます。 『幻想歌舞録 眩耀の谷~舞い降りた新星~』は、礼真琴(れい まこと)と舞空瞳(まいそら ひとみ)を中心とする新生星組のために書き下ろされた、幻想的な歴史ファンタジー作品です。舞台は紀元前800年の中国大陸、亜里(アリ)の地にたどり着いた汶(ブン)族はそこで小国を築き上げるも、勢いを増す周の国に征伐され、統治下に置かれてしまいます。周国の大夫として亜里に赴いた丹礼真(タンレイシン)は、汶族の聖地とされる「眩耀の谷」の探索を将軍から命じられ、途中出会った男に導かれて眩耀の谷を発見。そこで出会った汶族の舞姫・瞳花(トウカ)により運命を動かされ、待ち受ける試練に立ち向かっていく、というあらすじです。スター・礼真琴と娘役・舞空瞳の名前を役名に取り入れ、新たなトップコンビが率いる新生星組への期待が高まる公演となりそうです。作・演出は、宝塚歌劇のほか劇団四季などの作品でも演出や振付を行う、宝塚OBの謝 珠栄が手掛けます。 一方、『Ray -星の光線-』は、新生星組の「新しい時代への始まり」にふさわしいショー作品。""Ray""の言葉にまつわる“礼”、“麗”などをテーマに繰り広げられる、華麗なるシンギング&ダンシング・ショーです。作・演出は、演出助手として宝塚入りした1988年以来、脚本、演出として多数の作品に参加してきたベテラン、中村 一徳が手掛けます。体育会系ともいわれる圧倒的なダンスとコーラスでファンを魅了する星組の、豪華絢爛なエンターテインメントをお楽しみください。 公演は、2020年2月7日(金)~ 3月9日(月)まで宝塚大劇場、3月27日(金)~ 5月3日(日)まで東京宝塚劇場にて開催。また、新人公演として『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』を両会場で上演。宝塚大劇場は2月25日(火)が予定されています。

宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』の日程

すべての日程

宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』
席種
宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』-東京宝塚劇場
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』

    • 東京宝塚劇場(東京都)
    • A席A席(発券時に座席が判明します) チケットぴあ「Cloak」にて分配いたします。 価格は「定価5500円+プレイガイド手数料880円+TS振込手数料550円」になります。

      • 電チケ
      • プレイガイド
      • 6,930円/枚
    • 1枚のみ
    • 15
全2件 1-2件目

宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』のチケットを都道府県で探す

宝塚星組『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』が好きな方はこちらもおすすめ








2020年2月より『幻想歌舞録 眩耀の谷~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』の2本立ての公演を行う宝塚歌劇団星組。1933年に創設され、いったん廃止されたのち1948年に復活した宝塚4番目の組です。2016年11月よりトップスターを務めてきた紅ゆずる、トップ娘役の綺咲愛里からその座を引き継ぐのは、礼真琴、舞空瞳の二人。2009年、95期生として入団した礼真琴は、2017年より2番手として『阿弖流為-ATERUI-』『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』で主演。舞空瞳は2016年に102期生として入団し、星組には2019年4月に組替えになったばかりです。共に首席で入団し、歌唱、ダンス、演技いずれもハイレベルなコンビとあって、ファンからの注目、期待も高まっています。新生星組は、2019年11月の梅田芸術劇場公演『ロックオペラ モーツァルト』でお披露目ののち、『眩耀の谷』『Ray』で大劇場お披露目となります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート