18/5/18(金) 13:30 東京宝塚劇場の公演 宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数172,277枚、本日の新着チケット数4,080

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』 宝塚歌劇 宙組 天は赤い河のほとり シトラスの風 Sunrise
18/05/18(金) 13:30 東京宝塚劇場

会場情報

宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』が上演されます。この公演は宝塚宙組における新トップコンビ、真風涼帆と星風まどかの大劇場お披露目公演でもあります。 ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』は、篠原千絵による漫画『天は赤い河のほとり』を原作とした作品です。1995年から2002年まで連載されたこの漫画は、連載中、絶大な人気を誇りました。物語は紀元前14世紀、古代オリエントのヒッタイト帝国が舞台です。物語の主人公は次期皇帝の最有力候補であり、知的で何事にも優れ、誰もが憧れている第3皇子カイルと呪術の形代としてタイムスリップさせられた現代の女子高生ユーリ。二人が出会い、共に惹かれあい、深く愛し合うようになり、様々な障壁に立ち向かいながら皇帝と皇妃になって理想の国を創っていく姿を描いています。原作では女子中学生である若いユーリは、トップスターとしては年齢が若い、星風まどかに適した役です。この歴史ファンタジーが宙組新トップコンビを中心とした宝塚の舞台ではどう描かれるか、宝塚ファンはもちろん、原作ファンも注目しています。 ロマンチック・レビュー『シトラスの風Sunrise』は、1998年に創設された宙組の第一回公演『シトラスの風』に新しいテイストを加えた公演です。『シトラスの風』は姿月あさと、花總まりのトップコンビ御披露目・第84期初舞台公演として上演されました。その後、2014年には『シトラスの風II』、2015年には『シトラスの風III』として再演されており、毎回高評価を得ている作品です。美しい歌やコーラス、迫力のあるダンス、宝塚ならではの豪華な衣装と、見応え抜群のレビュー公演です。

宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』の日程

すべての日程

宝塚歌劇 宙組 天は赤い河のほとり シトラスの風 Sunrise
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 宝塚歌劇 宙組 天は赤い河のほとり シトラスの風 Sunrise

    • 東京宝塚劇場(東京都)
    • S席 1~2枚 お座席未定です。 迅速な対応を心がけております。 よろしくお願いいたします。

        • 12,000円/枚
      • 2枚連番(バラ売可)
      • 2
      • 即決宝塚歌劇 宙組 天は赤い河のほとり シトラスの風 Sunrise

      • 東京宝塚劇場(東京都)
      • 2階 S席 4列~6列 サブセンターブロック下手(10番台~20番台)。 定価での出品です。上記範囲内で座席位置不問という方はどうぞご検討下さい。

        • 主催者
        • 8,800円/枚
        • 8,800円/枚
      • 2枚連番(バラ売可)
      • 2
      • 即決宝塚歌劇 宙組 天は赤い河のほとり シトラスの風 Sunrise

      • 東京宝塚劇場(東京都)
      • S席確定。先行当選。 公演2週間前に届く予定ですので こちらに届き次第、追跡可能な方法で発送させていただきます。

        • 名義なし
        • プレイガイド
        • 10,000円/枚
      • 1枚のみ
    全5件 1-5件目

    宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』のチケットを都道府県で探す

    宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』が好きな方はこちらもおすすめ







    宝塚宙組 『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 Sunrise』は漫画家、篠原千絵氏の作品です。真風涼帆さん、星風まどかさんのお披露目公演となります。ファンクラブへ入会したい場合には宝塚歌劇団にファンレターを出し、ファンクラブに入会したいと記載してください。宝塚歌劇団から連絡が来るはずです。『天は赤い河のほとり』はロマンティック歴史ファンタジー、『シトラスの風Sunrise』は1998年に宙組が誕生した時に上演された演目で20周年を記念して再演されます。壮大なテーマですから、ファンにとっては新しい魅力と可能性を発見できるチャンスになるはずです。『天は赤い河のほとり』はベルサイユのばら、ポーの一族に次ぐ漫画を原作にした作品で宝塚の代表作となることが予想されますからその点でも見逃せません。王族をテーマにした内容ですので宝塚の豪華な衣装、舞台装置、演出に期待ができます。真風涼帆さんは同期初のトップスター、星風まどかさんは数々の舞台に抜擢されてきた宝塚の秘蔵っ子でもあり、王様、お姫さまの演技にほれぼれするはずです。


    ページの先頭へ

    まずはメールアドレスでカンタン登録!

    • 会員登録・更新料0円!
    • 年中無休の安心サポート
    • 唯一の電話窓口