宝塚宙組『群盗 Die Räuber』のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数141,213枚、本日の新着チケット数2,469

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

宝塚宙組『群盗 Die Räuber』のチケット一覧

宝塚宙組「ミュージカル『群盗-Die Räuber-』-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-」が、2019年2月9日(土)~2月17日(日)に大阪・梅田芸術劇場シアター ドラマシティにて、2月26日(火)~3月4日(月)に東京・日本青年館ホールにて上演されます。「群盗」は1781年にシラーの戯曲処女作として出版され、翌年に舞台化された名作で、オペラ化や、日本でも幾度も翻案されるなど様々な影響を与える作品です。18世紀のドイツを舞台に、貴族から金品を奪って貧しい人々を救う群盗の一団の首領である主人公と、その恋人、仲間たちが自由と理想を求めて立ち上がる姿を描く物語です。宝塚歌劇版では愛と青春の物語としてドラマティックかつロマンティックに描かれます。脚本・演出は、2015年の「ルパン三世」も手がけた小柳奈穂子が担当。主演は、芹香斗亜が務めます。出演者は他に、花音舞、凛城きら、愛咲まりあ、秋奈るいなどです。

宝塚宙組『群盗 Die Räuber』の日程

すべての日程

宝塚宙組『群盗 Die Räuber』
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全96件 1-96件目

宝塚宙組『群盗 Die Räuber』のチケットを都道府県で探す

宝塚歌劇には400名を超えるスターが所属し、本拠地の劇場(兵庫、東京)だけでも、合わせて年間900公演以上を行います。花・月・雪・星・宙(そら)の5つの組と専科が存在しており、全ての公演が組ごとに行われ、演目や魅力の違いを楽しむことができます。宙組は、東京での通年公演を実現した東京宝塚劇場のリニューアルをきっかけに、1998年、5番目の組として誕生しました。発足当時から現代的でフレッシュなイメージがあり、迫力あるコーラスも魅力のひとつです。各公演にはトップとなる男役と、そこに寄り添う娘役が1人ずついて、このコンビを中心に物語が展開され、各組メンバーの魅力と融合して独自の魅力が生まれます。ミュージカル「群盗-Die Räuber-」は、「群盗」は1781年にシラーの戯曲処女作として出版され、翌年に舞台化されました。18世紀のドイツの文学運動シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)の代表作で、ヴェルディ作曲によるオペラ化や、日本でも幾度も翻案されるなど後世に様々な影響を与えた名作です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口