宝塚劇団『ベルサイユのばら45 』45年の軌跡、そして未来へのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,171枚、本日の新着チケット数2,931

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

宝塚劇団『ベルサイユのばら45 』45年の軌跡、そして未来へのチケット一覧

1974年に榛名由梨主演で初公演され、社会現象を巻き起こした宝塚歌劇団の名作品「ベルサイユのばら」は以降も度々上演されてきました。そして宝塚歌劇団100周年という記念すべき年に宝塚宙組 『ベルサイユのばら オスカル編』は宝塚大劇場で2014年5月2日から6月2日まで、東京宝塚劇場で2014年7月5日から27日まで公演されました。トップ鳳稀かなめのスタイルの良さ、素晴らしい演技力や歌唱力、美しい顔立ちは作品の中心人物であるオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェそのものです。また緒月遠麻、朝夏まなと、七海ひろきの三名の役替わりも楽しめるこの公演は評判が評判を呼び、連日満席でした。当日券を求めて毎朝劇場の前には連日行列ができるほどでした。

宝塚劇団『ベルサイユのばら45 』45年の軌跡、そして未来への日程

すべての日程

宝塚劇団『ベルサイユのばら45 』45年の軌跡、そして未来へ
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全121件 1-100件目

宝塚劇団『ベルサイユのばら45 』45年の軌跡、そして未来へのチケットを都道府県で探す

生まれ変わったベルばら、宝塚宙組 『ベルサイユのばら オスカル編』

2014年5月から7月にかけて上演された宝塚宙組 『ベルサイユのばら オスカル編』は、2014年に100周年を迎えた宝塚の、新時代を開く「ベルばら」と呼ぶにふさわしい舞台です。兵庫の宝塚大劇場および東京宝塚劇場では、平日も連日立ち見が出る盛況ぶりでした。主役のオスカルを演じたのは、宙組トップスターの凰稀かなめ。原作のオスカルそのものの美貌と抜群のスタイルを持ち、漫画から抜け出してきたような、凛々しく華やかなオスカルを演じました。貴族として生まれながら、民衆とともに革命に生きることを選んだオスカルの、苦悩と情熱を、絶妙な演技とせりふ回しで演じきっています。バスティーユ牢獄を陥落させながら、自らは戦死するシーンでは、客席中にすすり泣きが響き渡ったものです。オスカルを影のように支えるアンドレ役は、二人の役者の役替わりで演じられました。朝夏まなとは誠実で真摯なアンドレ像が話題を呼び、緒月遠麻は秘めた情熱を表すアンドレ像が涙を誘いました。この二人の役替わりによって、今回の「ベルばら」はますます注目を集めました。宝塚の「ベルサイユのばら」は、1974年の初演から40年に渡って演じ続けられてきたため、古いと感じさせる部分も多々ありました。しかし今回の宙組公演では、脚本や演出が21世紀にふさわしいものに改善され、現代の観客が自然に受け入れられるものに改められたことが大きな特徴です。また、劇中でペガサスに跨ったオスカルが宙を舞う場面では、翼や首を動かす白馬が話題を呼び、21世紀のアニマトロニクス技術の進化とともに、宝塚の進化も印象づける舞台となりました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口