竹渕慶のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

竹渕慶のライブ・コンサートチケット一覧

シンガーソングライターによる音楽ユニットGoose houseの元メンバーで、現在はソロシンガーソングライターとして活動する竹渕慶は、ソロ転身後初となるツアーKEYNOTEの追加公演を開催します。2019年4月から5月にかけて行なわれたツアーの本公演では、全公演がソールドアウトとなるなど人気を博した同ツアー。追加公演OVERTONEは2019年7月8日(月)、9日(火)にMt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京都)で行なわれます。 竹渕慶は幼少期から音楽に触れながら育ち、宇多田ヒカルなどの影響を受けながら学生時代から音楽活動を開始します。2009年にはボーカリスト世界大会の日本大会で3位に入るなどその実力を発揮。翌2010年にはGoose houseとして活動を始めます。2013年からはグループでの活動と並行してソロデビュー。2018年にはGoose houseを脱退してソロ活動へと専念しています。ソロとして始めて投稿した楽曲は10か国語以上に翻訳されるなど、世界中のファンから注目を集めています。 確かな歌唱力でファンを魅了し続ける竹渕慶の今後の活躍から目が離せません。

竹渕慶の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/7/8()
  • 19:00
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

東京都

竹渕慶 KEYNOTE Birthday追加公演 OVERTONE
座席番号1階I列1〜10番
1枚のみ15,000円/枚
  • 2019/5/24()
  • 19:00
代官山UNIT

東京都

竹渕慶 1st TOUR "KEYNOTE"
スタンドになります
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/5/24()
  • 19:00
代官山UNIT

東京都

竹渕慶 1st TOUR "KEYNOTE"
電子チケット 整理券番号 A150番台 ************************************************* 5月24日(金)東京・代官山UNITにて行われる公演に関しまして予定通り18:00より、お手元の電子チケットに記載の整理番号順で以下の時間帯に分けてのご入場となります。 18:00~【A1~A200番】 18:15~【A201~A400番】 18:30~【A401~A550番・B1~B140番】 18:45~【関係者受付】 また東京公演は開演・終演時間ともにお時間が遅くなっているため、 開場前 『15:00~17:30 で先行グッズ販売』を行わせて頂きます(終演後も行います)。 ※今公演におきましては、チケットをお持ちでない方もグッズ販売のみご参加頂けます。 ※ 17:30~公演中のグッズ販売は致しませんのでご了承ください。 ご来場の皆様に安心して楽しんで頂けるようご理解、ご協力をお願い致します。                                 竹渕慶 ツアー2019担当
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/5/24()
  • 19:00
代官山UNIT

東京都

竹渕慶 1st TOUR "KEYNOTE"
整理番号が付与される電子チケットです。整理番号A200番代
2枚連番(バラ売不可)9,000円/枚
  • 2019/5/24()
  • 19:00
代官山UNIT

東京都

竹渕慶 1st TOUR "KEYNOTE"
整理券番号 A120〜130番
1枚のみ10,000円/枚

竹渕慶(タケブチケイ)は、シンガーソングライターが集まってできた音楽集団Goose houseの元メンバーで、脱退後はソロのシンガーソングライターとして活動しています。1991年に東京で生まれましたがすぐにアメリカへ渡り、アメリカ在住中に起きたアメリカ同時多発テロをきっかけに初めて作詞作曲した曲がコンテストで優勝。この出来事がシンガーソングライターとしてのルーツとなっています。 「生まれた時から歌っていた」と母親が口にしていたほど常に歌い続けてきた竹渕慶。日本に帰国後2007年から複数のバンドでボーカルを務め、2009年には高校の軽音楽部のバンドで神奈川県大会に優勝し、同年にはボーカリスト世界大会 Voice of McDonald’sの日本大会で14,000人の中から3位に選ばれます。翌2010年にはGoose houseの前身となるPlayYou.Houseに初期メンバーとして参加。グループ活動と並行してソロ活動を行なっていましたが、2018年11月にGoose houseから脱退し、ソロに専念。脱退後YouTubeに初めて投稿したオリジナル曲「In This Blanket」は、2ヶ月で30万回以上再生されるなど今後も活躍が期待されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口