竹原ピストルのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数152,814枚、本日の新着チケット数558

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

竹原ピストルのチケット一覧

竹原ピストルは「よー、そこの若いの」などのヒット曲で知られる男性シンガーソングライターです。1976年12月27日千葉県千葉市出身。山崎まさよしやスキマスイッチなどが在籍するオフィスオーガスタに所属しています。1999年、北海道の大学時代に知り合ったハマノヒロチカと、フォークユニット「野狐禅」を結成。2003年にシングル「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」でメジャーデビュー。タイトルから一部のラジオ局では放送自粛となりましたが、高い音楽性が評価を受け、その後シングル6枚とアルバム4枚をリリースしています。また、2006年には映画で俳優デビューも果たしています。2009年に野狐禅を解散し、ソロとしての活動を開始。年間約250本ものライブをこなすなど精力的に活動してきました。2014年には野狐禅時代に在籍したオフィスオーガスタに復帰し、アルバム「BEST BOUT」を提げた47都道府県弾き語りツアー56公演とバンド形態でのツアー9公演を成功させました。2015年には住友生命のCMソングに起用された「よー、そこの若いの」が話題になり、知名度が上昇。2017年に配信でリリースされた「Forever Young」「Amazing Grace」は音楽番組でも披露され、その歌詞のメッセージや圧倒的な歌声が大きな反響を呼びました。この年には紅白歌合戦にも出場しています。また俳優としての評価も高く、2011年には松本人志が監督を務めた映画「さや侍」に出演し、1stシングル「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」で主題歌も担当。2016年には「永い言い訳」で、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。 2018年4月には8thアルバム「GOOD LUCK TRACK」をリリースし、6月からは全国弾き語りツアーを開催。12月には高知県四万十市にて単独公演も控えており、全国のファンに熱いパフォーマンスを届けます。

竹原ピストルの日程

すべての日程

竹原ピストル One for the show tour 2019
竹原ピストル 磔磔45周年記念ライブ
琉球魂2019 vol.16 慰霊の日コンサート “原点” 竹原ピストル & Shinbow ツーマンライブ
2日通し券 ARABAKI ROCK FEST.19
4日券 VIVA LA ROCK 2019
1日券 VIVA LA ROCK 2019 -5/4
All Night Viva! -5/4 何が飛び出す!?TENDRE&Friendsスペシャルパーティー!
2日券 FUJI & SUN '19
1日券 FUJI & SUN '19 -5/11
2日通し券 GREENROOM FESTIVAL '19 15th Anniversary
1日券 GREENROOM FESTIVAL '19 15th Anniversary -5/26
1日券 JOIN ALIVE 2019 -7/13
1日券 夏びらき MUSIC FESTIVAL'19 TACHIKAWA -7/15
1日券 FUJI ROCK 2019 -7/28
2日通し券 MONSTER baSH 2019
Augusta Camp 2019
2日券 山人音楽祭 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全229件 1-100件目






竹原ピストルは芸名で、本名は竹原和生といいます。1976年12月27日生まれで、出身地は千葉県です。道都大学社会福祉学部を卒業しています。在学中は、ボクシング部に所属しており、在学中に出会ったメンバーと、フォークバンド野狐禅を結成しました。2003年にメジャーデビューをし、芸能界で名をあげました。2006年には映画「青春☆金属バット」に俳優として出演し、映画の音楽も担当するなど、多方面にわたり活躍の場を広げました。2009年に、惜しまれつつも野狐禅を解散しましたが、その後はソロで活動を続けています。2011年、ダウンタウンの松本人志が監督をした「さや侍」には、本名の竹原和生で出演しました。また、主題歌である「父から娘へ~さや侍からの手紙~」も担当しました。監督の松本人志は、俳優としても音楽家としても、素晴らしい才能を持っていると高く評価し、活躍の力になりたいとの発言が、世間の印象に残りました。音楽家としての活動も順調で、2014年1月6日から2月28日にかけては32公演のワンマンライブを行い、多くのファンに感動を与えました。また、俳優としては熊切和嘉が監督を務める作品に、多く出演し心に残る演技を披露しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口