20/4/13(月) 19:00 大阪城ホールの公演 竹原ピストルのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

竹原ピストル 全国弾き語りツアー 2019-2020 It’s My Life
20/04/13(月) 19:00 大阪城ホール

会場情報

竹原ピストルは、1976年12月27日千葉県千葉市出身のフォークシンガーです。所属事務所はオフィスオーガスタ。1999年、北海道の大学時代に知り合ったハマノヒロチカと、フォークユニット「野狐禅」を結成。2003年にシングル「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」でメジャーデビュー。タイトルから一部のラジオ局では放送自粛となりましたが、高い音楽性が評価を受け、その後シングル6枚とアルバム4枚をリリースしています。また、2006年には映画「青春☆金属バット」で俳優デビューも果たしています。2009年の野狐禅解散後、ソロとしての活動を開始。年間約250本ものライブをこなすなど精力的に活動してきました。2015年に住友生命のCMソングに起用された「よー、そこの若いの」のヒットによって、全国的に認知されるようになりました。2017年第68回紅白歌合戦にも出場を果たしています。また、俳優としての評価も高く、2011年には松本人志が監督を務めた映画「さや侍」に出演し、1stシングル「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」で主題歌も担当。2016年には「永い言い訳」で、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。その後も2019年11月公開の映画「影踏み」に出演。2020年4月公開の映画「糸」にも出演が決定するなど、映像作品への出演も積極的に行っています。2019年9月、ニューアルバム「Its My Life」を発表。続く2019年12月には武道館ライブを収録した映像作品「LIVE AT 武道館2018.12.22」が発表されました。竹原ピストル全国弾き語りツアー2019-2020は2020年4月13日(月)大阪城ホールのファイナルに向けて、全国各地を行脚中です。

竹原ピストルの日程

すべての日程

竹原ピストル 全国弾き語りツアー 2019-2020 It’s My Life
ANGA Presents 千葉県民応援DAY 千葉台風被害チャリティー あんが、あんとんねーぞ千葉! 竹原ピストルワンマンライブ
keep the sonic vol.2
席種
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決new竹原ピストル 全国弾き語りツアー 2019-2020 It’s My Life

    • 大阪城ホール(大阪府)
    • 昨年9月のオフィシャル先行抽選で当選しました。 発券は3/30、14:00以降セブンイレブンで可能となりますが、現時点で座席番号等は未定です。発券可能となりましたら、払い込み番号を連絡します。 まだまだ先になりますが、出張と重なることが判明しましたので、出品いたします。 本件は、発券時に220円の店頭発券手数料が必要になります。

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 即決竹原ピストル 全国弾き語りツアー 2019-2020 It’s My Life

    • 大阪城ホール(大阪府)
    • スタンドB 2列目です。 購入したものの旅行の予定を忘れていた為、泣く泣く出品します。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 5,200円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 即決竹原ピストル 全国弾き語りツアー 2019-2020 It’s My Life

    • 大阪城ホール(大阪府)
    • オフィシャル最速先行当選チケットです。 座席未定。 最後まで丁寧に対応させていただきます。 よろしくお願いいたします。

      • 主催者
      • 6,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 4
全3件 1-3件目







竹原ピストルが多くの人々から支持される要因の1つとして、歌詞の魅力があげられます。魂がこもった歌声とともに人間臭い歌詞がストレートに聞き手に届けられ、多くの心を突き動かします。それでいて、何とも言えない温かみを感じさせるのです。演奏スタイルはアコースティックギターとハーモニカのみというスタイルを貫いています。ソロでの再始動当初から、ギター1本で全国各地を積極的にドサ回りを行っていました。「とにかく売れたい。」その気持ちに忠実に、1人でも多くの観客に歌を届けようとするスタイルは竹原の現在の土台を形作ったものです。竹原は高校、大学とボクシング部に在籍しています。実際に全日本選手権にも出場するほどの腕を持っていました。ボクシング時代に培った経験は、歌にも非常に影響を及ぼしていると語っています。ハングリーさと実直さ。竹原の歌詞に込められた思いの強さや、人を魅了してやまない楽曲のルーツはボクシング時代にもあるようです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート