瀧川鯉八のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,944枚、本日の新着チケット数2,156

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

瀧川鯉八のチケット一覧

若手落語家として活躍する瀧川鯉八(たきがわこいはち)は、自身の独演会、「瀧川鯉八独演会 ちゃお3」を2018年11月17日(土) に、千代田区立内幸町ホール (東京都)で開催します。また、瀧川鯉八以外にも、多数の若手落語家が出演し、落語や講談とともに、お酒を楽しむことができる「第1回東寄席NEXT-次世代の話芸とお酒を楽しむ-」が、東京都の新橋演舞場特設会場地下「ラウンジ東」で、2018年10月5日(金) から8日(月・祝)まで開催。瀧川鯉八は、10月5日の公演に出演します。 ほかにも、自身が所属する落語芸術協会若手ユニット「成金」の公演にも出演します。2018年9月8日(土)には、「大札幌成金・秋の陣」が北海道の共済ホールで、10月23日には、「岡山成金の会」が岡山県のさん太ホールで、12月23日(日・祝)には、「大成金」が東京都のイイノホールでそれぞれ公演が行われます。また、新作落語を披露するユニット「ソーゾーシー」にも所属しており、「ソーゾーシー#8」が9月20日(木)に東京都のユーロライブで開催されます。

瀧川鯉八の日程

すべての日程

実験落語neo シブヤ炎上3周年
旅成金 in 高知
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全3件 1-3件目

瀧川鯉八のチケットを都道府県で探す

瀧川鯉八(たきがわこいはち)は、1981年鹿児島県出身、落語芸術協会に所属する若手の落語家です。瀧川鯉昇の弟子であり、現在真打ちのひとつ手前、二ツ目を務めています。高座では、自らが作った新作落語を中心に披露しており、これまでの古典落語ではあまり描かれていない、物語が始まることを望む人間の心理や、人間の心の狭さなどをテーマにした作品を多く口演しています。 大学時代に落語研究会に所属していた鯉八は、在学中に聴いた、師匠である瀧川鯉昇の落語に衝撃を受け、入門することを決めました。その後公演を重ねていく中で、親戚が間違えてしまうほど、落語家の林家きく麿に似ていたことが話題となり、「林家きく麿・瀧川鯉八二人会」と題した公演を開催しています。 現在は独演会のほか、落語芸術協会の二ツ目11人で構成されたユニット「成金」や、鯉八と春風亭昇々、立川吉笑、浪曲師の玉川太福の4人のユニット「ソーゾーシー」に所属しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口