チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

TANEBI のライブ・コンサートチケット一覧

「TANEBI」はボーカル・ギターを担当する上田和寛とギター・コーラスを担当する杉山勝彦により結成された男性フォークデュオです。東京・新宿を活動の拠点にしている彼らは2013年から「USAGI」として活動をスタートし、2014年にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たしました。デビューシングルとなる楽曲「イマジン」はiTunes Storeでの先行配信やラジオ番組での連続オンエアなどに加え、NHK教育テレビ「趣味の園芸野菜の時間」のエンディングテーマとしてタイアップされるなど、着々と実力をつけている注目のユニットです。その後、2016年の自主レーベルへの移行を機に活動名を「TANEBI」と改め、現在も彼らの出発点でもあるストリートライブのみならず、ワンマンライブや各地の音楽イベントへの出演など積極的な音楽活動を展開しているほか、2015年には1stアルバムとなる「愛賛歌」、2020年の2月には9枚目のシングルとなる「サヨナラまであと5分」をリリースするなど、今後もさらなる活躍が期待されます。

TANEBI の日程

すべての日程

TANEBI LIVE TOUR 2020-2021 ごっこ

TANEBI のチケットを都道府県で探す

男性フォークデュオ「TANEBI」の2人、上田と杉山の出会いは運命的なものだったと言えます。新宿でストリートライブを行っていた上田の前をたまたま通りがかった杉山は、上田の歌声に込められた音楽に対する情熱に深く共鳴し、上田もまた杉山の持つ音楽をプロデュースする才能に惚れ込んだことで、ともに音楽活動を開始するに至りました。1stシングルとなる「イマジン」のリリースにより鮮やかなデビューを果たした2人はその後もストリート、ワンマンライブを積極的に行い、楽曲「きみの風になって」「名もなき挑戦者」は2年連続でジュビロ磐田のシーズンソングにも起用されています。また、杉山は「TANEBI」の活動と並行して作曲家としても活躍しており、家入レオの楽曲「ずっと、ふたりで」で第59回日本レコード大賞作曲賞を受賞しました。ストリートでの経験に裏打ちされた上田の歌唱力と独創的な杉山の音楽センスから生み出される「TANEBI」の作品には今後も目が離せません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート