谷本貴義のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

谷本貴義のライブ・コンサートチケット一覧

谷本貴義は広島県呉市出身で、シンガーソングライターであり、作詞家・作曲家・編曲家としてマルチに活躍しています。また別名義にTAKAYOSHIとしても活躍している他、岩崎高文とドラゴンボール改の限定ユニット「DragonSoul」を組んでいます。その他のアニメソングも数多く歌っており、魔人ブウ編のOP主題歌「空・前・絶・後Kuu-Zen-Zetsu-Go」や、「金色のガッシュベル!」「デジモンシリーズ」などの主題歌や挿入歌など、アニメ界でひっぱりだことなっています。作曲でも「テニスの王子様」「薄桜鬼」「君のいる町」などの有名なアニメ作品の作曲を行なっています。普段によく聞く曲調から、豪快な元気のある歌ばかりを想像しますが、2011年4月に行われたバースデープレミアムライブの時は、キーボード一本でバラードを熱唱して、その才能を遺憾なく発揮しています。

アニソンで大人気の谷本貴義について

谷本貴義は1975年4月14日生まれで、出身は広島県の呉市です。日本のシンガーソングライターとして活躍をしており、同時に作詞家、作曲家、編曲家でもあり、ミュージック界に大きく関わっている人物です。2000年に発売した「この街のどこかに」がコマーシャルソングとして採用され、知名度を広めました。その後2001年に「One Vision」で念願のメジャーデビューを果たしました。その後、アニメソング、特撮ソングなどの世界で活躍を広め、多くの子供たちに勇気の持てる歌を届けてきました。デビュー曲の「One Vision」は、ちびっこに大人気のテレビアニメ「デジモンテイマーズ」の挿入歌にもなりました。2007年には、子供に夢をいっぱい届けるヒーロー、獣拳戦隊ゲキレンジャーのオープニング主題歌を担当しました。盛り上がる歌声に、番組も大盛況を迎えました。2009年には、代表作の一つともいえる、「Dragon Soul」を発売しました。この曲はテレビアニメのドラゴンボール改のオープニング主題歌となり、多くの方の耳に届いた曲となりました。この他にも、多数のアニメソングを手掛けており、アニメ界には必要な歌手となっております。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口