立川談笑のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

立川談笑のチケット一覧

「立川談笑」は、落語立川流に所属している男性落語家です。東京都出身、1965年9月23日生まれ。出囃子に「野球拳」や「佃」を使用していて、紋は「丸に三蓋松」です。早稲田大学を卒業後、予備校講師などを経て1993年に7代目立川談志に弟子入りしました。前座としての名は「談生」です。1996年に二つ目に昇進し、2003年に談笑の名を襲名しています。なお、立川談笑の名は江戸時代から続く名跡で、この襲名で6代目となります。2005年、真打に昇進しました。 古典落語を得意とする落語家ですが、独自のアレンジを加えて披露する場合もあります。アレンジが大きい場合は、演目のタイトルも変更していることも少なくありません。具体的には「芝浜」を「シャブ浜」、「紺屋高尾」を「ジーンズ屋ようこたん」と変えている例があります。 立川談笑には立川吉祥などの弟子がおり、談笑と弟子たちが演目を披露する「立川談笑一門会」が定期的に開催されています。

立川談笑の日程

すべての日程

月例独演会 立川談笑
立川談笑 独演会
立川志らく・立川談笑 二人会
渋谷に福来たるSPECIAL 2019 落語フェスティバル的な
平成三十一年 亥 新潟虹色寄席2019
いけいけ池袋夢高座2DAYS -6/19
特撰!!落語競演会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全12件 1-12件目

立川談笑のチケットを都道府県で探す

落語は古いもの、その考えがもう古い! 立川談笑は落語会で「現代人にウケる噺」を追求している演者の一人です。立川志の輔・談春・志らくの立川流俊英三羽烏に続く、立川談志が認めた第四の男として地位を築いています。古典落語の常識に囚われず、自由な発想で現代風にアレンジする改作落語を得意とします。彼の噺にはバグダッドを舞台にしたものやグラビアイドルとの恋愛模様、ミャンマー人の店員が登場する居酒屋など、今までの古典落語では考えられない切り口が多数存在します。伝統芸能とかしこまらずに、漫才やコントに負けないくらいのギャグや社会ネタなども織り込みブラックユーモア満載です。大学時代は法律家を目指していたということもあり、古典落語も論理的に捉えています。古典の解釈に違和感を覚え、論理的に新しい答えを探し出し現代の噺に変えていきます。落語ファンから初心者までをも魅了する噺家はなかなかいません。立川談笑の落語を聴けば、落語全体のイメージが変わるかもしれません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口