立川談春のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数125,035枚、本日の新着チケット数371

立川談春のチケット一覧

立川談春 (タテカワダンシュン)は、1966年6月27日の東京生まれで、落語立川流所属の落語家であり、出囃子は「鞍馬」となっています。中学生の時に親に連れられ訪れた戸田競艇場で、あるボートレーサーに惚れ込み、一度は競艇選手を目指しましたが自身が高身長であったために断念します。その後、立川談志の高座に巡りあい、落語ではなく談志自身に魅力を感じて高校を中退して入門することを決意します。噺家となった後も「競艇ナビゲーター」として競艇中継に度々出演し、競艇雑誌や新聞のコラムも執筆しています。2008年にはエッセイ「赤めだか」において講談社エッセイ賞を獲得しました。

立川談春の日程

すべての日程

立川談春 独演会2018
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決立川談春 独演会2018

    • 小金井 宮地楽器ホール(東京都)
    • 本日限定 送料無料 公演名 : 立川談春 独演会2018 会場 : 小金井 宮地楽器ホール 大ホール(3階) 公演日時 : 2018/02/26(月) 18:30開場 19:00開演 全席指定×2枚 決済(落札後1時間以内になります)確認後、引き換え番号を通知いたしますのでセブンイレブンのレジでチケットをお受け取りください。レジでチケット代金のお支払いはございません(発券手数料108円×2のみかかります) 何かわからない...

      • コンビニ発券
      • プレイガイド
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 立川談春 独演会2018

    • 佐賀市文化会館(佐賀県)
    • 全席指定 発送は落札後2~3日内に行う予定です。 レターパックプラスで送付致します。 追跡番号をお伝え致します。 ※公演の延期や中止、変更、入場規制等のチケット払い戻しの対応など一切お受けしておりません。 以上、ご了承頂ける方のみお取引をお願い致します。

      • プレイガイド
      • 7,900円/枚
    • 4枚連番(バラ売可)
    • 立川談春 独演会2018

    • 旭川市公会堂(北海道)
    • 全席指定 発送は落札後2~3日内に行う予定です。 レターパックプラスで送付致します。 追跡番号をお伝え致します。 ※公演の延期や中止、変更、入場規制等のチケット払い戻しの対応など一切お受けしておりません。 以上、ご了承頂ける方のみお取引をお願い致します。

      • プレイガイド
      • 7,900円/枚
    • 4枚連番(バラ売可)
    • 立川談春 独演会2018

    • 狛江エコルマホール(東京都)
    • 全席指定 発送は落札後2~3日内に行う予定です。 レターパックプラスで送付致します。 追跡番号をお伝え致します。 ※公演の延期や中止、変更、入場規制等のチケット払い戻しの対応など一切お受けしておりません。 以上、ご了承頂ける方のみお取引をお願い致します。

      • プレイガイド
      • 7,800円/枚
    • 4枚連番(バラ売可)
    • 即決立川談春 独演会2018

    • 道新ホール(北海道)
    • 「て」~「な」列・一ケタ番台・通路側から2席のチケットです。 通路は右手になります。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 6,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
全9件 1-9件目

立川談春のチケットを都道府県で探す

立川談春(タテカワダンシュン)について

立川談春(タテカワダンシュン)は、立川流の落語家で出囃子は「鞍馬」をしようしています。埼玉県立南稜高等学校を中退して、立川談志門下に入門しました、落語というよりも、立川談志の人柄そのものに惚れての入門です。落語の前には競艇がお気に入りでしたが、競艇選手になるには身長が高すぎて断念しています。落語家になってからも、本名の佐々木信行でミュージカルに出演するなど、多方面への興味と応用力は、落語に必要な多面性に活かされています。落語では、古典落語にその才能が開花して、特に「包丁」では、師匠の立川談志から「俺よりうめぇな」という言葉を引き出しています。文才もある立川談春は、エッセイを著しています。その中で、師匠の立川談志との様々な逸話や、前座時代のエピソードなどを書いています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口