立川志の春のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数162,525枚、本日の新着チケット数3,011

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

立川志の春のチケット一覧

立川志の春は、大阪府豊中市出身の落語家になります。 立川志の春は、1976年8月14日に大阪府豊中市に生まれて千葉県で育ちました。千葉県にある渋谷教育学園幕張高等学校を卒業後、アメリカの名門大学であるイェール大学に入学しました。イェール大学卒業後には、大手商社である三井物産に入社して、鉄鉱石を取り扱う仕事をしていました。2001年には、偶然立ち寄った立川志の輔の落語を聞いて衝撃を受けて会社に辞表を出します。2002年に立川志の輔の門下に入り、3番弟子として修業を始めました。2011年1月1日には二つ目に昇進しています。2012年9月には、シンガポールで開催された「Singapore International Storytelling」に参加して、落語を海外に広める活動を行いました。2013年になると、NHK新人演芸大賞の落語部門にて本選出場を果たし、「にっかん飛切落語会」では奨励賞を受賞しました。2015年には著書「自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~」を出版して話題を集めます。 2016年3月からメディアでの活動を行うようになり、隔週で英語のラジオ番組「RAKUGO」、2017年6月からポッドキャストにて「志の春・志の太郎の曲解答弁!」を配信しています。 今後の活動として、2018年12月31日に横浜にぎわい座にて「大晦日特別興行 2018クライマックス寄席」の出演を予定しています。

立川志の春は、名門大学を卒業後に大手商社に入社後に、落語家の道へ進んだ落語会では異色の経歴を持った人物です。入門したのは、立川流の中でも一番厳しいといわれている志の輔一門に入門しています。志の輔一門では長い下積み生活を経験しました。長い下積み経験では、師である志の輔薫陶を直に受けたことで、古典落語だけでなく新作落語、自身のキャリアを駆使した英語落語などの多彩な演目を演じることができるようになりました。頭脳明晰で軽快な語り口が魅力の高座は、多方面にも話題を呼び在2011年1月1日には二つ目に昇進しています。落語では、従来の落語界の既成概念に捉われることなく、Jazzや演劇などのジャンルの垣根を越えたコラボレーションを企画、運営を行っています。最近では、落語の仕事だけでなく大学や企業で英語と落語を交えた講演活動やテレビ出演などのメディアに露出する仕事も多くなり、得意の英語を駆使して日本の伝統芸能の普及に貢献しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口