立川志の輔のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数170,681枚、本日の新着チケット数2,851

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

立川志の輔のチケット一覧

立川志の輔(たてかわしのすけ)は、富山県出身の落語家、タレント。本名は竹内照雄。 故・立川談志に入門し、立川流の落語家となる。 大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。 1984年、二つ目に昇進。高座名も引き続き「志の輔」を名乗る。この頃から、上野本牧亭での「勝手に志の輔の会」など、「志の輔」の名前を付けた落語会を開催するようになる。 翌1985年、『朝のホットライン』のレポーターに抜擢されたことで、知名度が一気に上昇。その他、NHK生活情報番組「ためしてガッテン」の司会も務めている。 2003年から年に1回、富山県出身の芸能人を集め、自身が座長を務める「越中座」という寄席形式での公演を、富山県民会館にて開催している。 2006年からは東京でも開催。ゲストに笑福亭鶴瓶が昼夜公演に飛び入り出演した。昼公演では越中語(富山弁)で落語、夜公演では英語落語に挑戦。富山県内の落語会では越中語(富山弁)での落語を披露することも多い。 2003年3月、東西、流派を超えた落語家達と共に落語家グループ「六人の会」を結成し、「東西落語研鑽会」などの落語会を開催。2004年から2008年までは、毎年7月、「六人の会」を中心に「大銀座落語祭」を開催していた。 2004年に「志の輔らくご in パルコ vol.9」で初演した新作落語『歓喜の歌』は映画化され、自身も落語家役で出演した。同年、北海道テレビ開局40周年記念作品としてテレビドラマ化され、テレビ朝日系で全国放送された。 2008年6月、故郷である富山県の富山市中央通りの商業ビル「セプラビル」3階にあった映画館を改装し、北陸銀行グループがオープンした演芸ホール「てるてる亭」の「席亭のような、館長のような、番頭のような者」に就任。ホールでの公演のプロデュースをし、自身もほぼ毎月1回、同ホールで「志の輔のこころみ」と題した落語会を開催している。 2016年1月には「志の輔らくご in PARCO 2016」をPARCO劇場にて役1ヶ月間開催する。

立川志の輔の日程

すべての日程

TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 
立川志の輔 独演会
第240回府中の森笑劇場 立川志の輔一門会2018
立川志の輔 てるてる亭10周年祭り
志の輔らくご in 森ノ宮2018 伊能忠敬翁没後二百年 大河への道 伊能忠敬物語
立川志の輔
横浜にぎわい座 六月興行 
三木男 改メ 五代目桂三木助 襲名披露興行
第44回東西落語名人選
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 1階 R列 30番台前半。 2枚連番のお席です。 2枚ペアでご購入の場合は、送料無料でセブンイレブンにて発券いただけます。商品情報を変更する必要があるため、事前に質問欄からご相談ください。

      • 主催者
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決横浜にぎわい座 六月興行 

    • 横浜にぎわい座(神奈川県)
    • 1階席 か列 4〜13番 (センターブロック) 出演:立川生志、立川志の輔 お取引き成立次第、チケットは翌日朝に簡易書留郵便で発送します。 (土日祝は休み明けの朝に発送)

      • 名義なし
      • 主催者
      • 3,900円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決第44回東西落語名人選

    • 神戸文化ホール(兵庫県)
    • 【 17~13列 7~24番間 】(実質4~8列目になります)  http://www.kobe-bunka.jp/hall/pdf/hall_m.pdf   チケットは簡易書留でお送りします。  公演中止の場合はチケット額面を返金いたします。 ※返送・返金にかかる手数料は落札者様にご負担していただきます。

      • プレイガイド
      • 8,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決第44回東西落語名人選

    • 神戸文化ホール(兵庫県)
    • 【 17~13列 10~26番間 】(実質4~8列目になります)  http://www.kobe-bunka.jp/hall/pdf/hall_m.pdf   チケットは簡易書留でお送りします。  公演中止の場合はチケット額面を返金いたします。 ※返送・返金にかかる手数料は落札者様にご負担していただきます。

      • プレイガイド
      • 8,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決志の輔らくご in 森ノ宮2018 伊能忠敬翁没後二百年 大河への道 伊能忠敬物語

    • 森ノ宮ピロティホール(大阪府)
    • 1階X列、左側一桁台 急にほかの予定が入ったため、手放すことにしました。よろしくお願いします。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 6,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 1階J列30番台連席2枚 1階J列の見やすい席と思います 志の輔の最高傑作で毎年見ていたのですが、今年は仕事入りいけません。今回で10年目、志の輔の大忠臣蔵の解説と得意演目【中村仲蔵】が最高です。定価でお譲りします。

      • 名義なし
      • コンビニ発券
      • 主催者
      • 5,500円/枚
      • 5,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 3
    • 即決志の輔らくご in 森ノ宮2018 伊能忠敬翁没後二百年 大河への道 伊能忠敬物語

    • 森ノ宮ピロティホール(大阪府)
    • 先行予約席  1階 V~X 連番 3~6のいずれか連続で二枚 先行予約で購入しましたが、出張の為出品いたします。

      • 男性名義
      • プレイガイド
      • 6,800円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 即決TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 1F P列16番~25番内の連席2枚  センターブロックの見やすい席と思います。 定価でお譲りします。

      • 名義なし
      • コンビニ発券
      • 主催者
      • 5,500円/枚
      • 5,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 1階IorJ列8~18番連番 公演中止の場合、チケット返却後、チケット返却後、手数料を除いた全額を返金します。

      • 主催者
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 1
    • 即決TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 全席指定 1階Q列 14〜27番 (センターブロック) お取引き成立次第、チケットは翌日朝に簡易書留郵便で発送します。 (土日祝は休み明けの朝に発送)

      • 男性名義
      • プレイガイド
      • 6,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 2階H列28番〜29番 公演中止の場合、チケット返却後、手数料を除いた全額を返金します。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 6,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 1
    • 即決TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご 

    • 赤坂ACTシアター(東京都)
    • 【座席・席種】 1階 J列 サイドブロック(センター通路寄り)の中の2連席 (座席位置は決まっていますのでお選びいただけません。) ※自宅発券チケット(プリント@ホーム)となります。 【発送方法】 簡易書留:追跡番号をお伝えします。 決済確認後、一両日中に発送させて頂きます。 【ご案内】 チケット受取後、速やかに受取連絡をお願いします。 ご質問等は、事前に質問欄からご連絡ください。 お取引完了まで、どうぞよろしくお願いいたします。

      • 名義なし
      • 主催者
      • 7,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
全27件 1-27件目

立川志の輔のチケットを都道府県で探す

進化し続ける志の輔らくご

立川志の輔は1983年に立川談志に入門し、その後2008年に第57回芸術選奨文部科学大臣賞大衆演芸部門を受賞するなど、今や超売れっ子として活躍する落語家です。伝統的な落語に新しいアイディアや演劇の要素を取り入れながら繰り広げられる彼の落語は、古典落語ですら現代に通じる芸能に変容させてゆく魅力があり、さらに彼の奇抜なアイディアと創意工夫によって作り出される新作落語は、新感覚の落語として好評を博しています。落語の新しい境地を切り開いた彼の高座は、それまで落語には興味を抱いていなかった層からも支持を受け、現在では「チケットの取りにくい落語家」の一人に数えられています。新作落語には「親の顔」や「バールのようなもの」「みどりの窓口」など代表作が多数ありますが、1996年から渋谷パルコ劇場で行われている名物高座は大変話題を集めています。この高座は、奇抜で細かいところまで工夫が凝らされた演出が特徴で、足を運んだ観客の間で人気となり、観客の数が絶えません。例えば、2004年に初演された「歓喜の歌」の最後に登場した本物のママさんコーラスグループが実際に合唱を披露したりするなど、舞台装置や照明などを駆使しつつ、まるで演劇のようなエンターテインメント感溢れる高座は多数の観客を魅了し続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口