チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

立川志の輔のチケット一覧

立川志の輔(たてかわしのすけ)は、富山県出身で落語立川流の落語家です。個人事務所のオフィスほたるいかに所属しています。2014年にNHK放送文化賞を受賞、2015年には紫綬褒章を受章するなど、現代の落語界における中心人物の一人とも言える人気落語家です。彼は明治大学在学中に落語研究会に所属。卒業後、一度は就職したものの、落語家としての夢を諦めきれず、1983年に立川談志一門に入門。1984年には二つ目に昇進します。1985年からTBS「朝のホットライン」のレポーターに起用されたことをきっかけに、レギュラー番組を多数抱える売れっ子になっていきました。その後、1990年に真打に昇進して現在に至っています。師匠である立川談志から「立川流の最高傑作」と高く評価された志の輔。「だくだく」「井戸の茶碗」といった古典落語から、「バールのようなもの」「歓喜の歌」といった新作落語まで幅広く演じられる、抜群の実力を誇ります。また、1995年から放送されたNHK「ためしてガッテン」で長年司会を務め、2016年からは後継番組の「ガッテン!」でも司会を続投。この番組への出演により、お茶の間に広く知られる落語家となりました。

立川志の輔の日程

すべての日程

立川志の輔 独演会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決立川志の輔

    • 穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知県)
    • 【 1階 C~F列 8~21番間 】センターブロックの座席です。  重複当選しました。公演中止時はチケット額面を返金いたします。※返送・返金の手数料は落札者様で負担お願いします。

      • プレイガイド
      • 9,600円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 18
    • 3
全1件 1-1件目

立川志の輔のチケットを都道府県で探す








立川志の輔(たてかわしのすけ)は、落語家です。1954年2月15日、富山県新湊市(現・射水市)で生まれました。大学時代に落語研究会に所属し、同研究会の高座名「紫紺亭志い朝」を先輩の三宅裕司から引き継ぎました。なおこの高座名は後輩の渡辺正行が受け継いでいます。大学卒業後はアルバイトをしながら演劇を学び、その後は広告代理店で働いていましたが、1983年1月に立川談志に入門し「志の輔」として立川流の落語家になりました。1990年に志の輔のままで真打に昇進しました。古典落語に新しい解釈と演劇要素を取り入れ、現代に通じる作品に昇華する芸風です。これは師匠の立川談志も立川流の最高傑作として高く評価していました。また狂言や能といった、落語以外の古典芸能を取り入れてた新作落語も披露しています。独演会や落語会で、年間150本もの高座を務めており、新作落語を披露するための「志の輔らくご」は毎年開催しています。「志の輔らくご」はメディアも注目しており、新たな落語ファンが増加しています。また落語の東西や流派を超えた落語会を開催し、現代落語の発展に大きく貢献しています。1985年頃からはタレントとして、テレビ番組の司会やラジオパーソナリティを務めています。また近年では映画にも出演するなど、落語以外にも活躍の場を広げています。さらに2018年4月から2021年4月までの任期で、富山国際大学の客員教授を務めています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート