チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

立川志らくのチケット一覧

立川志らくは、1963年8月16日、東京都出身の落語家です。本名は新間一弘(しんまかずひろ)。日本大学芸術学部時代、落語研究会のOBである放送作家・高田文夫にその才能を見出され、1985年10月、大学在学中に立川談志に入門、1988年に二つ目に昇進しました。二つ目の時には兄弟子の談春と「立川ボーイズ」というコントグループを結成して活動。立川流の決まりである歌舞音曲の習得を経て、1995年に真打に昇進しました。落語家だけでなく、映画監督、映画評論家、エッセイスト、昭和歌謡曲博士、劇団(下町ダニーローズ)主宰など幅広い活動をしており、2001年には「彩の国落語大賞」を受賞しています。 2013年5月~2015年3月にはBSスカパーにて「こころ歌~秘話で奏でる名曲フルコーラス」という番組に出演し、映画では「死神パラダイス」「カメレオンの如き君なりき」「不幸の伊三郎」などで映画監督、脚本、音楽、主演又は出演をしています。書籍には映画や落語やに関するものを数多く出版しています。 そして、映画と落語をミックスせた「シネマ落語」を創作し、数多くの作品を発表しています。近年はテレビの情報番組やバラエティ番組での辛口コメンテーターとしての一面にも注目が集まり、「2017年上半期テレビ番組出演本数ランキング」の「ブレイクタレント部門」で1位となりました。独演会や落語会も精力的に行っており、2018年12月23日(日祝)東京・よみうりホールで開催の8回目となるリビング落語会「今年最後の 立川志らく独演会」では「紺屋高尾」、「井戸の茶碗」を披露。横浜にぎわい座で奇数月に開催の「立川志らく 新・志らく百席」は、リアルタイムの自分を伝えようと、得意なものや自分の中で面白くなると感じる百席を、三席ずつ披露していて、2019年1月8日(火)は、「時そば」、「二番煎じ」、「鰍沢」が披露されます。「志らく百席」「続・志らく百席」に続いて3巡目に突入しています。

立川志らくの日程

すべての日程

立川志らく独演会
第十七回 立川志らくのピン in 仙台

立川志らくのチケットを都道府県で探す

立川志らくの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2020/1/6()
  • 18:30
大田区民プラザ

東京都

新春プラザ寄席 -1/6
B列20番代
1枚のみ6,790円/枚
  • 2019/12/28()
  • 13:00
有楽町よみうりホール

東京都

立川志らく独演会
1階 N列 1番~10番の連番になります。
2枚連番(バラ売可)4,500円/枚
  • 2019/12/13()
  • 18:30
中電ホール

愛知県

立川志らく独演会
Q列 15番 の席です
1枚のみ3,700円/枚
  • 2019/11/29()
  • 18:30
京都府立府民ホール アルティ

京都府

立川志らく独演会
全席指定 1階 8列 21番 全席指定 1階 8列 22番
2枚連番(バラ売不可)2,000円/枚
  • 2019/11/29()
  • 18:30
京都府立府民ホール アルティ

京都府

立川志らく独演会
1階9列左側です
2枚連番(バラ売不可)4,248円/枚
  • 2019/11/29()
  • 18:30
京都府立府民ホール アルティ

京都府

立川志らく独演会
1階7列24番25番
残り1枚4,248円/枚
  • 2019/10/26()
  • 14:00
不二羽島文化センター

岐阜県

はしま寄席 立川志らく・柳家三三・神田松之丞
★★★今最もチケットが取れない芸人としておなじみ神田松之丞も出演。完売済みで人気のため早いもの勝ちです。め列1-10番。
1枚のみ7,300円/枚
  • 2019/10/26()
  • 14:00
不二羽島文化センター

岐阜県

はしま寄席 立川志らく・柳家三三・神田松之丞
S席、1階、え列、センターブロック
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/10/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
5-7列 8-22番
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/10/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
6-9列 1-15番
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/10/1()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎二人会
K列20番台の連番のお席1~2枚。2枚ご購入で連番のペアチケットにできます。 日大落研出身、同い歳の立川志らく師匠・柳家喬太郎師匠が年に1回 行っている二人会です。
2枚連番(バラ売可)6,700円/枚
  • 2019/10/1()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎二人会
センターブロックC列10番台半ばのお席。 日大落語研究会出身の立川志らく師匠、柳家喬太郎師匠の二人会。 (志らく師匠は芸術学部、喬太郎師匠は商学部)
1枚のみ8,200円/枚
  • 2019/10/1()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎二人会
センターブロックC列10番台半ばの連番のお席1~2枚。 日大落語研究会出身の立川志らく師匠、柳家喬太郎師匠の二人会。 (志らく師匠は芸術学部、喬太郎師匠は商学部)
2枚連番(バラ売可)8,600円/枚
  • 2019/9/21()
  • 14:00
三鷹市芸術文化センター

東京都

立川志らく独演会
センターブロックE列7~15番のうちの1席。 落語家としての他、舞台役者やテレビ番組のコメンテーターとしても 活躍する、立川志らく師匠の独演会です。
1枚のみ2,700円/枚
  • 2019/9/21()
  • 14:00
三鷹市芸術文化センター

東京都

立川志らく独演会
センターブロックE列7~15番のうち連番1~2席。 落語家としての他、役者やテレビ番組のコメンテーターとしても 活躍する、立川志らく師匠の独演会です。
1枚のみ2,700円/枚
  • 2019/7/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
8〜14列 15〜25番のいずれか2枚です。
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/7/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
全席指定 座席未定
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/7/9()
  • 19:00
横浜にぎわい座

神奈川県

立川志らく 新・志らく百席
1階 い列-う列 4-13番
2枚連番(バラ売不可)9,000円/枚
  • 2019/7/2()
  • 19:00
めぐろパーシモンホール

東京都

立川志らく・立川談笑 二人会
S席 1階 21列 23~32番
2枚連番(バラ売可)4,300円/枚
  • 2019/5/8()
  • 19:00
横浜にぎわい座

神奈川県

立川志らく 新・志らく百席
1階は列10〜15番です。
1枚のみ4,900円/枚
  • 2019/5/8()
  • 19:00
横浜にぎわい座

神奈川県

立川志らく 新・志らく百席
1階 い〜え列(2-4列)4-13番
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/4/20()
  • 13:00
札幌市民ホール(カナモトホール)

北海道

立川志らく独演会
2階 す列 10番台 1枚
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/4/20()
  • 13:00
札幌市民ホール(わくわくホリデーホール)

北海道

立川志らく独演会
【指定席】1階・「く」列・20番台(通路側)
1枚のみ3,800円/枚
  • 2019/4/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
全席指定 7列サイドブロック センター通路寄り 落語大全集 2019年春
2枚連番(バラ売可)6,500円/枚
  • 2019/4/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
12列10~20の間連番2枚
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/3/21()
  • 15:00
響の森 桶川市民ホール

埼玉県

立川志らく独演会
1階B列20〜25番です。
1枚のみ5,500円/枚
  • 2019/3/12()
  • 19:00
横浜にぎわい座

神奈川県

1階は列桟敷席10番前後です。
1枚のみ3,100円/枚
  • 2019/3/6()
  • 19:00
銀座ブロッサム(中央会館)

東京都

立川志らく独演会
2階 25~29 列 2席連番
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/3/6()
  • 19:00
銀座ブロッサム(中央会館)

東京都

立川志らく独演会
全席指定 座席未定
2枚連番(バラ売不可)5,500円/枚
  • 2019/3/6()
  • 19:00
銀座ブロッサム(中央会館)

東京都

立川志らく独演会
1階 10~15 列 1枚
1枚のみ6,000円/枚
  • 2019/3/6()
  • 19:00
銀座ブロッサム(中央会館)

東京都

立川志らく独演会
1階 1~2列 9~19番以内
2枚連番(バラ売可)9,500円/枚
  • 2019/2/2()
  • 14:00
北國新聞赤羽ホール

石川県

立川志らく独演会
15列 通路脇席 6~21番のいずれか
1枚のみ5,500円/枚
  • 2019/1/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく独演会
指定席 1~2席連番 バラ売り可
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/1/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく独演会
【 4列 】 重複当選での出品です。 
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/1/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく独演会
全席指定 7列センターブロック 「立川志らく落語大全集〜2019冬」〜江戸の風の巻〜
1枚のみ5,200円/枚
  • 2019/1/16()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく独演会
10~12 列 2席連番
2枚連番(バラ売不可)7,000円/枚
  • 2018/12/23()
  • 13:30
有楽町よみうりホール

東京都

リビング落語会 「今年最後の 立川志らく独演会」(第8回)
通路側から連番:J~L列20番台
2枚連番(バラ売不可)4,500円/枚
  • 2018/12/23()
  • 13:30
有楽町よみうりホール

東京都

リビング落語会 「今年最後の 立川志らく独演会」(第8回)
2階 C列 30番台のうち連番2枚です。通路側ですので観やすいお席です。詳しい座席配置につきましては、よみうりホール公式HPのURLをご参照下さい。http://yomi-h.jp/seat
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2018/11/5()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎 二人会
全席指定
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/11/5()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎 二人会
サイドブロックF列1ケタ台後半~10番台前半のお席1~2枚。 2枚落札でペアチケットにできます。 日大落研出身、同い歳の二人の師匠による二人会です。
2枚連番(バラ売可)5,500円/枚
  • 2018/11/5()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎 二人会
全席指定 C列 (3列目) センターブロック中央 みなと毎月落語会 志らく・喬太郎 二人会
2枚連番(バラ売可)5,800円/枚
  • 2018/9/11()
  • 19:00
横浜にぎわい座

神奈川県

横浜にぎわい座 立川志らく 第十七回 新・志らく百席
横浜にぎわい座 2018年9月11日 18:30開場 19:00開演 立川 志らく 第十七回 「新・志らく百席」 座席 1階席 お列(前から5列目) 4番
1枚のみ2,000円/枚
  • 2018/7/17()
  • 19:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川志らく落語大全集
今日限定出品 指定席1枚 未発券のため座席は不明です。 1枚のみです。追跡可能な方法にて発送致します。 公演の延期、中止、入場制限その他の入場トラブルには一切対応できません。 いかなる理由があっても落札後のキャンセルはお受けできません。
1枚のみ5,990円/枚
  • 2018/7/16()
  • 16:00
本多劇場

東京都

第4回下北沢ワタナベエンタメフェス おしゃべりな日芸
H 列 24 番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/6/29()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

立川志らく独演会
全席指定 J列 センターブロック 通路際含む みなと毎月落語会 立川志らく 独演会
2枚連番(バラ売可)4,500円/枚
  • 2018/6/29()
  • 19:00
赤坂区民センター 区民ホール

東京都

立川志らく独演会
J-L列 5-15番
2枚連番(バラ売可)7,000円/枚
  • 2018/5/12()
  • 19:30
なかのZERO

東京都

立川志らく独演会
13列の13番の席です。 急な仕事で行けなくなりました。落語好きな何方か、チケット購入して戴けませんか?
1枚のみ4,000円/枚
  • 2018/3/24()
  • 18:00
三鷹市芸術文化センター

東京都

立川志らく独演会
D列のお席です。
1枚のみ3,000円/枚
  • 2018/3/14()
  • 19:00
銀座ブロッサム(中央会館)

東京都

立川志らく独演会
1F 17列 30番台です。
2枚連番(バラ売可)3,600円/枚

立川志らくは、1963年8月16日東京都生まれの落語家です。父はクラシックのギタリスト、母は長唄の師匠という家庭に育ち、1985年に立川談志に入門し、1988年に二つ目に昇進、歌舞音曲の習得を経て、1995年に真打に昇進しました。2018年時点で弟子22人をかかえる大所帯です。今は亡き師匠・談志の“辛口”を受け継ぎ、テレビのコメンテーターとしても活躍するだけでなく、映画監督、映画評論家、エッセイスト、劇団主宰と幅広く活躍し、寅さん博士、昭和歌謡曲博士の異名も持ちます。定期落語会としては、2015年1月から年4回、国立演芸場で「立川志らく落語大全集」を、隔月で横浜にぎわい座にて「志らく新・百席」を、年に1回の公演は、新宿紀伊國屋ホールで「志らくのシネマ落語」を、東銀座・ブロッザム中央会館で「立川志らく独演会」を、有楽町よみうりホールで「年末立川志らく独演会」を開催するほか、全国各地での独演会を精力的に行っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート